check!ラジオ大阪

村西利恵アナ、リスナーにうれし涙の報告

産経ニュース
妊娠を報告した村西利恵カンテレアナウンサー(右)と、藤本景子アナウンサー(左)
妊娠を報告した村西利恵カンテレアナウンサー(右)と、藤本景子アナウンサー(左)

ラジオ局を持たない関西テレビアナウンサーが真夜中のラジオ番組に挑戦している『カンテら!』(月・火曜 深夜27時~)。10月18日深夜(19日早朝)は、村西利恵アナウンサーと藤本景子アナウンサーが担当しました。

「食欲の秋…、天高く馬肥ゆる秋」と意味深に語り始めた村西アナ。「村西も膨張中…。言い訳してもいいですか?」と、リスナーに突然の妊娠報告をしました。来年2月に出産予定と言います。

「夫の次に、このことを知ったのは藤本さん」と明かした村西アナは、「ランチの時に…」と回想。「いつもは丼物とかがっつりしたものが好きなんですけど、その日は少し考えてバランスの良いものを選んだんです。それを見た藤本さんに『あ、それにしたんだ?』って聞かれて。それで、その日の朝に妊娠検査薬で陽性が出たことを報告したんです。そしたら藤本さん、もう泣いてて。音速で泣いてましたよ。親も泣かなかったのに(笑)」。

実は、1年以上不妊治療をしていたという村西アナは、「うまくいったと思っても、ダメだったこともあった。だから検査薬で陽性が出ても浮かれてはいけないって思っていて。だから淡々と伝えたつもりだったのに、ガーって泣かれて(笑)。でも、藤本さんに喜んでもらえて『あ、喜んでいいんだ』って思いました」と心の内を明かしました。藤本アナもその場面を思い出し、「よかったなって思って。利恵ちゃんがずっとがんばってるって知ってたから、本当にうれしかった」。しかし、一方では、自分の辛い経験から「世の中では安定期っていうけど、そんなのないと思っていて。だから、まだ何があるか分からないから感情を露わにしてはダメって思っていて…。でも(嬉しい気持ちが)ガマンできなくて」と、複雑な気持ちがあったこと明かし、「ここまでも利恵ちゃん、いろいろあったから」と声を詰まらせました。

村西アナは、妊活中も藤本アナの言葉に支えられていたといいます。「妊活しても、できないこともあるじゃないですか。だから犬を飼いだして。『この子がいればいい』って思ってたけど、あるとき藤本さんに『子どもができたらいいなと思ってるんですよね』って話した時、『利恵ちゃんは大丈夫!お母さんになれるから』って太鼓判を押してくれて…。藤本さんがそう言ってくれたなら大丈夫かなって、明るく妊活できたんです。暗い気持ちになってしまう人もいるって聞くけど、私は藤本さんの一言だけを信じて前向きに乗り切れた」。

この言葉を聞いた藤本アナは、一層涙声に。「そのこと懺悔していい? そのこと、すごく覚えていて…。あの時、考えるより早く『大丈夫』って口からバッと出たし、願えば叶うって思ってたけど、(心のどこかで)うまくいかなかったらどうしようっていうか、私が不用意に言った言葉やこの場面をずっと覚えてるんじゃないかなって引っかかってた。いつか謝らなければと思ってて…。でもよかったよ…」。藤本アナの涙の告白を受けとめた村西アナは「でもその言葉のおかげで、一度もネガティブにならずに乗り切れたし頑張れたんです」と、改めて感謝を伝えました。

2人のアナウンサーが本音をさらけ出した深夜のトークは、放送後1週間、radikoのタイムフリーで聴くことができます。

  1. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析