北朝鮮「新型SLBMの潜水艦発射に成功」と報道

産経ニュース
北朝鮮の国防科学院が行った新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験=19日(朝鮮中央通信=共同)
北朝鮮の国防科学院が行った新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験=19日(朝鮮中央通信=共同)

【ソウル=時吉達也】北朝鮮が19日に発射したミサイルについて、同国の朝鮮中央通信は20日、国防科学院が実施した新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験だったと報じた。2016年にSLBM発射実験を行った潜水艦から再び発射し、成功したとしている。

飛距離や高度についての言及はなかった。実験を指導したと紹介された幹部に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記の名前はなく、現地での視察は行わなかったとみられる。

北朝鮮では2016年8月、2000トン級潜水艦からのSLBM発射実験を実施。今回はこの潜水艦から、今月11日に新兵器展覧会で公開された、小型化した新型SLBMを発射した可能性が高い。

同通信は、今回のSLBMについて「多くの進化した操縦誘導技術が導入された新型」だと強調。「水中作戦能力の向上に大きく寄与する」とミサイル開発の進展を誇示した。20日付の党機関紙、労働新聞は、海面上に出たミサイルや浮上した潜水艦の写真を掲載した。

北朝鮮は19日午前に東部、新浦(シンポ)近くの沖合から日本海上に弾道ミサイルを発射。韓国軍は1発だったとしているのに対し、日本政府は2発が発射され、1発は変則軌道で約600キロ飛行、最高高度は約50キロだったと分析していた。

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」