衆院選2021年秋

香川1区 自民・平井卓也氏vs立民・小川淳也氏の一騎打ちに、維新が候補擁立で大混戦 全国的な注目選挙区

デジタル庁を創設した平井氏(円内)と、ドキュメンタリー映画などで注目された小川氏
デジタル庁を創設した平井氏(円内)と、ドキュメンタリー映画などで注目された小川氏

 香川1区(高松市など)では、祖父も父も閣僚経験者という世襲議員である自民党の平井卓也前デジタル担当相(63、当選8回)と、地盤(組織)・看板(知名度)・カバン(資金)の「3バン」なしの元総務官僚、立憲民主党の小川淳也氏(50、同5回)が、過去6回激突してきた。

 小川氏の、逆風の17年間を追った異色のドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」が昨年公開され、全国的な注目選挙区となっていた。

 ところが、日本維新の会が今月初め、元国会議員秘書で新人の町川ジュンコ氏(62)を支部長に選任したことから、選挙情勢は混迷し、さらに話題を集めている。

 香川県議会議員が情勢を分析する。

 「小川氏は2003年から6回出馬し、平井氏に小選挙区では『1勝5敗』だが、比例復活で当選5回を数える。前回の17年選挙では約2000票差まで迫った。映画での注目度に加え、19年の厚労省統計不正問題追及で『統計王子』の異名もつくなど、メディアへの露出が増えた。このため、今年夏ごろには、一部で『拮抗(きっこう)している。小川氏が勝つ可能性もある』という報道も出るほど勢いづいていた」

 これは、平井氏が五輪アプリをめぐる不適切発言や、NTTからの接待問題などで揺れた時期と重なる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故