12時間に及ぶ通信障害はなぜ起きたのか、ドコモの“輻輳”が長引いたワケ

ITメディア
会見に参加した、小林宏ネットワーク本部長(左)、田村穂積副社長(中央)、引馬章裕サービス運営部長(右)
会見に参加した、小林宏ネットワーク本部長(左)、田村穂積副社長(中央)、引馬章裕サービス運営部長(右)

10月14日に発生したNTTドコモ通信障害。同社は10月15日に記者会見を開き、加入者や位置情報データを管理する新「加入者/位置情報サーバ」への移行作業が原因であったと謝罪した。影響を受けたユーザー数は、現在算出中であるというが、規模は全国に及び、5G/LTEサービスの復旧には、12時間以上の時間を要した。

障害が起きたのは、14日午後5時ごろ。ドコモの通信回線を使う全国のユーザーから、「データ通信が使えず圏外になる」や「音声通話が使えない」などの報告が上がり、音声通話とパケット通信サービスに障害が生じた。

同社は午後7時57分に、障害の一部回復を発表したが、一部のユーザーの通信状況は改善されなかった。その後、15日午前5時5分に4G/5G回線の復旧を発表し、ネットワーク工事の切り戻しが原因と説明。新サーバへの移行作業で不具合が発生し、旧サーバへ戻す際にIoT機器からのアクセスが集中。ネットワークの輻輳(ふくそう)が原因であると説明していた。

輻輳とは、通信回線にアクセスが集中し、混雑することを指す。輻輳が生じると通信速度が低下したり、通信システム自体がダウンしたりする恐れがある。

サーバの新設備の移行作業でどのようなトラブルがあったのか。そして、なぜ全国のドコモユーザーへと波及し、12時間にも及ぶ通信障害を起こしたのか。それには2つの輻輳が重なってしまったことに要因がある。会見に出席した同社の田村穂積副社長らの説明から、時系列順に今回の事案を整理する。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は