指原莉乃「人生で最初に好きになった芸能人」とのトークにドキドキ

iza
“トークィーンズ”のメンバーである指原莉乃(前列右から2人目)、いとうあさこ(同3人目)ら(C)フジテレビ
“トークィーンズ”のメンバーである指原莉乃(前列右から2人目)、いとうあさこ(同3人目)ら(C)フジテレビ

タレントの指原莉乃(28)が30日放送の土曜プレミアム「トークィーンズ」(後9・0、フジテレビ系)で「人生で最初に好きになった芸能人」というV6・三宅健(42)と対面し「めちゃくちゃドキドキしていた」と珍しく動揺する一幕があった。

指原やいとうあさこら女性タレントたちが最強女性軍団“トークィーンズ”を結成し、男性ゲストの素顔や新たな魅力を引き出すトークバラエティー。

今回は「最強のイケメンに根掘り葉掘り聞いちゃいましたSP」で三宅、小泉孝太郎、菊池風磨(Sexy Zone)、狩野英孝が“丸裸”にされていく。

指原莉乃らを動揺させたV6・三宅健(C)フジテレビ
指原莉乃らを動揺させたV6・三宅健(C)フジテレビ

年齢を感じさせない“奇跡のアラフォーイケメン“で、私生活も謎めいている三宅。事前取材を行った福田麻貴(3時のヒロイン)は、無邪気さや距離が近すぎる接し方にドキドキしっぱなしで、いつしか取材を忘れデート気分に…。誰に対しても人懐っこく接する三宅は女性を勘違いさせてしまうこともあるようで“罪な男”の過去の恋愛話が明かされる。

また、ロマンチックな大人の男の一面や独特すぎるこだわり、デビュー当時と変わらない美肌をキープし続ける“美の秘訣”も判明する。

指原は収録後、「いや~、終始スター…」としばらく言葉にならず、「学生時代に『学校へ行こう!』(1997年~2005年、TBS系)をめちゃくちゃ見ていたド世代。実は、人生で最初に好きになった芸能人が三宅さん。音楽番組でご一緒する機会はあったが、ガッツリお話しするのは初めて」と興奮を隠し切れない。

隣のいとうが「しかも真っすぐに目を見て話してくれるからドキドキしたでしょ?」と振ると、指原は「その気持ちを押し殺していた(笑)。話すと、いわゆる“バラエティー番組の間“でのトークではなくて三宅さんのペースに引き込まれていく」と正直な気持ちを吐露。いとうも「“三宅タイム”がある(笑)。話しながら周りの動きも見ているし、すごい人」とその魅力に納得していた。


  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」