石橋静河 七光りを感じさせず「誰にも何にも似ていない」その不思議な魅力

ポストセブン
父は石橋凌、母は原田美枝子の俳優一家に育った(時事通信フォト)
父は石橋凌、母は原田美枝子の俳優一家に育った(時事通信フォト)

役者が持つ空気、それがどこに由来するのか、説明することはなかなか難しい。だが、独特の空気を持つ俳優は確かにいる。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

道路交通法違反・引き逃げの疑いで逮捕・不起訴処分になった伊藤健太郎さん。芸能界復帰はなかなか難しいと言われてきた中で、久々にテレビドラマの画面に現れ注目を集めています。10月12日深夜からスタートした『東京ラブストーリー』(フジテレビ系 火曜日24時35分)の「カンチ」役です。

ご存じ1991年に織田裕二と鈴木保奈美が共演して話題を振りまいたトレンディドラマの令和版。FODで昨年配信され今回は地上波での初放送となりました。同時に旧作品もFODやTVerで動画配信中です。29年ぶりに蘇った令和版東京ラブストーリーでは、織田裕二が演じた完治を伊藤さん、鈴木保奈美の演じたリカを石橋静河さんが演じています。

まずはカンチ役・伊藤さんの久々の姿と、若手ながら細かい表情やしぐさを作る演技巧者ぶりに目が行きますが、それ以上に気になる存在がヒロイン・リカ役に抜擢された石橋さんです。

かつて鈴木保奈美さんが演じた赤名リカは、甲高い裏声を響かせるキャピキャピした自由奔放な人でした。当時の「帰国子女」のイメージに沿った天然系で、今見るとハイテンションがわざとらしい感じすらする。

一方、石橋さん演じるリカはどうでしょう?  鈴木版リカと何が違うかと言えば、まず声のトーン。アルトの低音で声は張らずサバサバとした自然体。アート系ぶるでもなく、ちょっと意識高い系の匂いがしそうでいて、しない。鈴木版のリカが熱を帯びた「ハイテンション」系だとすれば、石橋版のリカは低温「フラット」系と言えばいいでしょうか。そこに時代が映し出されています。一歩ずつ自分の道を進むリカの足取りの確かさが、伊藤さん演じる若いカンチを惹き付け、カンチが翻弄されていく感じがとてもよく描かれています。

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」