新生つばきファクトリー、12人初ステージが6年越し夢の武道館単独公演

サンスポ
椿のような真っ赤なドレスで舞う新生つばきファクトリーの12人=東京・北の丸公園(撮影・斎藤浩一)
椿のような真っ赤なドレスで舞う新生つばきファクトリーの12人=東京・北の丸公園(撮影・斎藤浩一)
その他の写真を見る (1/6枚)

ハロー!プロジェクトの女性アイドルグループ、つばきファクトリーが18日、初の日本武道館単独公演を行った。

今年7月に新メンバー4人が加入し、12人体制になってから初のライブで、乙女たちが華麗に咲き乱れた。

「単独での武道館のステージに立てたことを、心より感謝します」

メンバーカラーの12色のサイリウムに包まれた会場で、リーダーの山岸理子(22)が万感の思いを込めてあいさつすると、6000人の温かい拍手が鳴り響いた。

同グループは2015年4月にハロプロ研修生内ユニットとして誕生。17年に「初恋サンライズ」でメジャーデビューし、同年の日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞した実力派だ。

結成当初に先輩グループの前座として立ってから、目標に掲げていた武道館ライブ。6年越しで夢がかない、小野瑞歩(21)は「この瞬間、世界中のどこよりも笑顔あふれる空間にするぞ!」と気合十分。浅倉樹々(21)も「ロックの聖地に立ててすごくうれしい。激しく咲き誇ります」と誓った。

その言葉通り、武道館公演決定から5カ月間で磨き上げた歌とダンスでファンを魅了。7月に加入した河西結心(ゆうみ、18)、八木栞(18)ら新メンバー4人も躍動し、デビュー曲を皮切りにヒット曲「就活センセーション」や11月17日発売の新曲「涙のヒロイン降板劇」など19曲を3変化で熱唱した。

2時間の武道館ライブを全力疾走した岸本ゆめの(21)は「皆さんと私たちで一緒に来られたステージだと思う」と声を震わせ、「いろんな景色を見に行きましょう」と改めて約束。山岸も「12人体制になったばかりですが、歩みを止めず、2倍にも3倍にも成長して、また戻ってこられるように頑張ります」と感無量だった。

★4人新加入 新メンバーの河西、八木、福田真琳(17)、豫風瑠乃(よふう・るの、13)は、4人だけで「うるわしのカメリア」をキュートに熱唱。あいさつではそれぞれ好きな花を花言葉とともに披露し、福田は「スタートラインに立ったばかりの4人ですが、椿のように凛とした美しさと強さを持った歌手になれるよう、先輩方の背中を追って一生懸命頑張ります!」と初々しく宣言。福田はこの日に17歳となり、「最高の誕生日になりました」と感激した。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月27日第61話あらすじ ジョーと結婚したるい、京都で回転焼き屋をオープン

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び