五木ひろし、紅白出場「終了」を電撃発表 初出場71年から続いた歴代最長連続出場、昨年到達「50年」で区切り

サンスポ
五木ひろし
五木ひろし

歌手、五木ひろし(73)が17日、大阪市天王寺区の新歌舞伎座で行った「五木ひろし50thアニバーサリーメモリアルコンサート」で、大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」に出場しないことを明かした。これにより、1971年から続く歴代最長の連続出場記録は50年でストップ。「50」という節目に区切りをつけた大御所は、「簡単に達成できるものではありません。喜びを胸に(紅白を)終了したいと思います」と心境を語った。

和やかな空気だったメモリアルコンサートに突然どよめきが起きた。レジェンド歌手が紅白の夢舞台から降りることを宣言。50年連続50回出場の大記録に終止符を打った。

「1カ月もすれば、今年の紅白の出場者が発表されるわけでありますけれど、私は昨年の50回で紅白は終了します。紅白は昨年で終わりという形で、私なりの区切りをつけさせていただきたい」

掛け声が禁止されている会場でも予想外の告白に、「うそ⁈」「嫌や~!」などと声が漏れる。驚きを隠せないファンに向けて「50年連続という僕自身の『五』という名前にもある数字を目標にしてきました」と話し、数カ月の熟考の末、決断したことを明かした。

五木は芸名「五木ひろし」として再デビューした1971年に「よこはま・たそがれ」で紅白に初出場。それ以来50回連続出場は歴代最長記録で、出場回数では北島三郎(85)と並ぶ最多。昨年は前半のトリに登場し、代表曲の一つである「山河」を歌った。

大トリ通算6回は故美空ひばりさん、北島に次ぐ歴代3位タイ。初めて白組のトリを務めた75年から77年の大トリまでの3年連続トリも、ひばりさん、SMAPに次ぐ歴代3位タイとなる。

「50年、みなさんに応援していただいた紅白歌合戦でもありますけれど、最大の目標でもありました。簡単に達成できるものではありません。喜びを胸に終了したいと思います」

この日も「よこはま・たそがれ」を皮切りに約2時間15分、52曲を熱唱。パワフルさは衰え知らずだ。「私は引退するわけではありません。また違った目標を決めて。ずっと『年末年末』って目標を掲げて歩いてきましたけど、そこから少し離れて」と紅白からは身を引き、次への一歩を踏み出す。

■五木 ひろし(いつき・ひろし) 本名・松山数夫。1948(昭和23)年3月14日生まれ、73歳。福井・美浜町出身。65年、松山まさるの芸名で「新宿駅から」でデビューした。日本レコード大賞の「夜空」「長良川艶歌」など代表曲多数。2007年に紫綬褒章、18年に旭日小綬章を受章、88年に結婚した妻、さち子さんとの間に2男1女。172センチ、61キロ。17日の50周年公演の模様は、年内にBS朝日で特番として放送予定。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走