経営者目線

鹿児島県産「和牛焼肉」で世界へ ワタミ独自の「中国リスク・ルール」

和牛焼肉「かみむら牧場」を一緒に展開するカミチクの上村昌志会長(右)と(提供写真)
和牛焼肉「かみむら牧場」を一緒に展開するカミチクの上村昌志会長(右)と(提供写真)

 中国経済が注目されている。9月27日付の日本経済新聞によると、中国の財政赤字が2025年に10兆元(約170兆円)を突破し、21年の2・3倍になる見通しだと報じた。日本同様に年金や医療の給付がかさみ、「借金体質」になっている。

 日本では、退職年齢や年金支給年齢を引き上げようとすれば、反対勢力が存在してなかなか実行に移すのが難しい。ただ、中国は共産党の一党独裁で法律や制度改正に際し、国民のクーデターには懸念はあっても、通常、政策上の対抗馬がいないのでその点で懸念材料は少なく、日本の方が深刻ではないか。

 中国の不動産大手「恒大集団」の経営危機も、実質的に中国政府がコントロールできるのではないかと見ている。中国政府が恐れているのは格差の拡大で、不動産バブルを軟着陸させたい目的があったのだろうが、恒大の危機が、本当に中国経済を侵食する事態にまで深刻になれば、当局はすぐに救済策に乗り出すこともできる。

 コロナ禍にありながら、世界で景気が過熱する中、ノルウェーや米国も金利を上げ始め、中国もバブル規制にかかるなど、出口探しがはじまっている。一方で、岸田文雄政権は財政出動を打ち出し、世界の大勢と逆に進んでいるようにみえる。

 ワタミは、和牛焼肉食べ放題の「かみむら牧場」で中国進出を視野に入れている。まず年内に香港に進出する。中国は人口が多いだけでなく、消費行動の中心となる中間層の拡大が顕著で、米国に次ぐ市場であることは間違いない。

 私は中国とビジネスする場合、「チャイナリスク・ルール」を持ち続けている。損失は、会社全体の売り上げ1%にとどめる、常にその数字を意識している。中国でビジネスをする以上、日本では想定できないリスクが潜んでいる。であるなら、ルールを明確にし、損失範囲を限定的にする。ワタミがコロナ直後、いちはやく中国撤退を決め、傷口を浅くすることができたのも、こうしたルールが功を奏した。

 香港問題を含め、中国を取り巻く問題が山積している。参院議員時代にも外交防衛委員長として、中国の政府高官と意見交換も重ねた。一帯一路構想をはじめ、共産主義思想の拡大を善だと思っている。東南アジアなどの周辺諸国に資金を投資するかわり、重要な港湾を長期間借りる「侵略」のような動きも目につく。私が代表をつとめる公益財団法人が運営するカンボジアの孤児院にも、中国からコロナワクチンが無償で提供されたと報告を受けた。年々、中国の影響力が色濃くなっている国が増えている。

 そうした中国の性格をしっかり認識した上で、和牛焼肉で世界を目指す。外食経営者として、日本の和牛は、世界一おいしいという誇りがある。中国でも戦える。まもなく総選挙だが、日本の政治も、世界に誇れるものにすべきだ。 (ワタミ代表取締役会長兼社長・渡邉美樹)

zakzak

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性