「いい病院」「悪い病院」の見分け方チェックリスト 3つの見極め指針とは

ポストセブン
「いい病院」「いい医師」をどう見分ける?(イメージ)
「いい病院」「いい医師」をどう見分ける?(イメージ)

一時は全国で1日1万人を超える新型コロナウイルス感染者が出ていたが、感染者が激減したことで、少しずつ日常が戻ってきた。

ワクチン接種を2回終えた人たちが“再開”していくと考えられるのが「通院」だ。昨年11月、産経新聞と大阪病院が、全国の中高年の男女3118人に行なった調査では、コロナ禍における「体調の変化や不安、気持ちの変化」に対して、50.4%が「特に何もしなかった」と答えている。

そうやって受診を控える間に、コロナとは別のリスクが私たちの体を蝕んでいる。ナビタスクリニック川崎の谷本哲也・内科医が指摘する。

「欧米では自粛生活で体重が増えた患者が激増して、肥満のパンデミックが大問題となっています。日本でも日々の診療のなかで体重が増え、様々な検査値が悪くなっている方は少なくありません」

コロナが落ち着いた今、体の不調を治すため通院を再開する人は多いが、このタイミングで気をつけたいことがある。新潟大学名誉教授の岡田正彦医師が語る。

「医療が複雑化した現代では、同じ症状でも医師や病院によって診断や治療が異なるケースが多く、医療サイドの能力次第で、重要な病気が見落とされたり、患者が不必要な治療を施されるリスクが生じます。だからこそ通院を再開する前に、適切な医療を行なう医師や病院を見極めることが大切です」

◆「それはストレスが原因ですね」

ではどのように「いい病院」「いい医師」を見分ければいいのか。本誌・週刊ポストは岡田医師監修のもと、見分けるためのチェックリストを作成した。岡田医師が見極めの際の指針としてあげたのが、「医師が患者の人格を尊重するか」「過剰医療はないか」「環境の整った病院か」の3つだ。以下にそれぞれのポイントを紹介していく。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性