ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!

内閣支持率評価するのはまだ早い

 政権が交代すると、「ハネムーン」という言葉がメディアで多用されます。もちろん、新婚旅行のことではなく、「政権発足からしばらくの間、国民・メディアなどが批判を控え、新政権の施策を見守る期間」(デジタル大辞泉)のことです。

 もともとは、2大政党制を敷く米国の慣例で、政権が交代すれば軌道に乗るまで時間がかかることから、「まずは見守ろう」ということのようです。2009年の民主党政権誕生時も、この言葉がしきりに使われ、鳩山由紀夫首相や閣僚らを温かく見守ろうという空気があったようです。

 さて、自民党総裁選を経て首相指名された岸田文雄政権には、このハネムーン期間は存在しないかに見えます。

 政権発足直後、メディア各社は世論調査を行いました。内閣支持率は、最高が日経新聞の59%。以下、読売新聞56%、共同通信55・7%、毎日新聞49%、最低の朝日新聞が45%でした。

 今回は自民党内の権力移動に過ぎず、「(政党が交代する)政権交代ではないから、ハネムーンなど存在しない」という指摘はごもっともです。とはいえ、発足から1週間足らずで「伸び悩んだ支持率」などという記事がいくつも出てくるのをみると、「評価を下すのが性急すぎないか?」と思ってしまいます。

 何しろ、各社が緊急世論調査を行ったのは首相指名選挙が行われた今月4日と翌5日です。閣僚の顔ぶれが決まり、その人事の意図の分析もそこそこに、「支持か、不支持か」を聞いているのです。これでは、それまでメディアが植え付けたイメージを個々人に聞く、人気投票に過ぎないのではないでしょうか。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘