井崎脩五郎のおもしろ競馬学

ソダシ、体重管理も優等生

産経ニュース
8月の札幌記念で優勝したソダシ=札幌競馬場(奈良武撮影)
8月の札幌記念で優勝したソダシ=札幌競馬場(奈良武撮影)

ソダシほど体重に変動の少ない馬は、きわめてめずらしい。

そう、今週の秋華賞(10月17日、阪神芝2000メートル)で、1番人気が予想される、あのソダシである。

デビューから7戦しているのだが、体重はすべて470キロ台。

デビュー戦が472キロで、前走も同じ472キロ。

体重はいちばんあったときで476キロ、いちばん少なかったときで472キロと、ほとんど変動がないのである。

よく、体重は健康のバロメーターといわれ、体重に大きな変動のないことは、心身の安定をあらわしているとされる。

それでいくと、ソダシはよほどゆるぎない心身を持った馬ということなんだろうなあ。

ソダシのような白毛馬は、かつて欧米で、ひ弱いところがあると評されていたのだが、ソダシが世界競馬史上、初めて「白毛のGI馬」になったことにより、そんな声はいっぺんに消えた。毛色と強さは無関係ということになった。偏見を吹き飛ばした点で、ソダシの果たした役割は大きい。

駅裏にエスニックの料理店があって、看板に小さく、流麗な文字で、「女子はgramに生きる」と書いてある。

ああ、たしかに女の子は、体重にグラム単位で注意をはらうっていうもんなあと思っていたら、ママさんはうなずきつつ、こう付け加えた。

「gramというのは重さの単位だけど、じつは、エスニック料理に使うヒヨコマメのことも、同じつづりでgramっていうの。体にいいのよ。とくに女子にはね。体重管理は、生活するうえで本当に重要」

体重管理の優等生である牝馬ソダシは、最近3戦、体重の増減がすべて「変わらず」。つまり変動なしである。

秋華賞には、1996年の創設以来、昨年まで447頭が出走しているが、体重が前3走とも変動なしというのは、ソダシが初。やっぱり、異色の馬だよねえ。(競馬コラムニスト)

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月7日OA第48話あらすじ 予習に姿を現さなかった柏木(目黒蓮)の部屋を訪ねた舞(福原遥)は…

  5. 「殺害」も示唆 プーチン大統領の盟友が公然批判 要衝ヘルソン撤退でタブーだった批判が噴出 国内の権力闘争が激化する可能性も