ノンストップの愚痴漫才で人気のウエストランド、TBS系「ザ・ベストワン」出演

サンスポ
10月15日スタートのTBS系「ザ・ベストワン」に出演するウエストランドの井口浩之、河本太=東京都内
10月15日スタートのTBS系「ザ・ベストワン」に出演するウエストランドの井口浩之、河本太=東京都内

昨年の「M-1グランプリ」で決勝に進出したお笑いコンビ、ウエストランドが15日スタートのTBS系「ザ・ベストワン」(金曜後8・0、初回は同7・0)に出演。若手実力派が集結する「ザ・ベストワンルーキーズ」のコーナーで漫才を披露する。

同番組では旬の芸人が〝ベストワン〟のネタで勝負。過去5度放送された特番が好評で、10月からレギュラー化された。笑福亭鶴瓶(69)と今田耕司(55)が司会で、15日の初回は3時間スペシャルで放送される。

ウエストランドはツッコミの井口浩之(38)、ボケの河本太(37)のコンビで2008年結成。井口は「M-1の決勝進出前は3年ぐらいテレビのネタ番組に出たことがなかった」と明かすが、最近では日テレ系の「有吉の壁」や「ダウンタウンDX」、フジ系「さんまのお笑い向上委員会」に出演するなど活躍の場を広げている。「ベストワン」については「ゴールデンタイムなのでメチャクチャ反響がありそうですね」と気合十分だ。

漫才では、モテない男の愚痴などを並べるも、どこか共感できるひとり語り風の長いツッコミが持ち味の井口と、ひとごとで冷ややかなたたずまいの河本のギャップが人気。河本は趣味のソロキャンプを生かした動画を配信している。

ウエストランドは特番にも出演しており、井口は「いつもとは違う雰囲気のネタをみせたい」と宣言。一方で「ネタ番組には慣れていなくて、スタッフさんからはいつまで緊張してんだといわれたり…」と突っ込まれたエピソードも明かした。

井口は時事ネタも交えたノンストップの愚痴について「楽屋の愚痴と漫才は地続きで、たとえ売れても、お金持ちになっても嫌なことは必ず起こるのでネタは続けられる」と力説。河本は「かといって、自分から不幸に飛び込んでいるわけではないから面白い」とリアルな叫びが強みと分析していた。

今回はアインシュタイン、ニューヨーク、ミキ、笑い飯などに加え、「キングオブコント 2021」で優勝した空気階段の出演も決定した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性