江口のりこ主演「SUPER RICH」で「ドクターX」を思わせる演出 視聴者爆笑「大門未知子ならぬ小門真知子w」「こっちにも失敗しない女がいたw」

江口のりこ/「SUPER RICH」第1話より(C)フジテレビ
江口のりこ/「SUPER RICH」第1話より(C)フジテレビ

女優の江口のりこが主演を務めるフジテレビ系木曜劇場「SUPER RICH」(木曜後10)が14日からスタートした。初回では、この日、テレビ朝日系で新シリーズが放送開始となった連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」を思わせる演出がいくつかあり、視聴者を楽しませた。

「SUPER RICH」はベンチャー企業の破天荒な女性社長・氷河衛が主人公で、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマンの半生を描く完全オリジナルドラマ。お金はあっても愛に飢えた孤独な女社長と、若手俳優の赤楚衛二演じる貧乏専門学生・春野優が出会い、会社に襲いかかる困難を次々と乗り越えて前へと進んでいく。

第1話では、江口演じる衛の成功と転落ぶりが描かれた。裕福な家庭に生まれた衛は、幼い頃に両親を亡くすも遺産があったため、大学まで進学し、大学時代に知り合った一ノ瀬亮(戸次重幸)と電子書籍販売をメインとするベンチャー企業「スリースターブックス」を立ち上げる。事業は波に乗り、衛は女性起業家に贈られる「プラチナ・ウーマン・オブ・ザ・イヤー」の大賞を受賞するまでの手腕を見せていた。

亮に信頼を寄せる衛はある日、亮からアプリ会社へ出資する提案を持ちかけられる。これについて、社内で会議をかけると、亮のやり方に懐疑的な財務責任者の今吉零子(中村ゆり)、人事責任者の宮村空(町田啓太)ら社員の反応は鈍かったが、最終的に衛は亮の提案を承諾する。

しかし、出資先は反社会的勢力と関係があることがわかり、大問題に発展。さらに、亮が会社の金も持ち逃げするという波乱の展開だった。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから