肉道場入門!

大豆ミートにありがちな“大豆臭”が薄く「日本のハンバーグ」に近い完成度 大塚食品「ゼロミート」

この断面に注目!
この断面に注目!

★絶品必食編

 いきなりですが、すみません。「肉道場」なのに今回、お肉ではないものを扱うことをお許しください。でも、困ったことにヘタな処理や調理をされた肉よりもおいしいのです。大塚食品の「ゼロミート」が(お金はもらっていません。いまのところ)。

 この肉が何か。いわゆる「大豆ミート」である。

 いままで国内外で、それなりの数の大豆ミートを食べてきた。だが何度「今回のは大豆臭がないよ」と言われても、噛んでいくと必ずそれなりの大豆臭がした。

 いや別にそれは構わない。旨ければいいのだ。だが「肉を目指した」「味が肉らしくなるような成分を植物から作り出した」というこれまでの海外製品は、肉に似せようとするあまり、ますます肉から遠ざかった味になっていた。

 ところが「ゼロミート」は違った。確かに食感は「肉に似せよう」とした跡は伺える。実際の肉のハンバーグをバラし、組成を調べて、“挽き加減”や硬さを再構築したという。

 決定的な違いがひとつある。おそらくこの商品は「肉を再現」しようとしているのではない。「旨い肉料理を再現」しようとしているのだ。

 あれこれ明けた10月1日から、東京・青山のレストラン「The Burn」とデリカテッセン「CITY SHOP」で大塚食品の大豆ミートブランド「ゼロミート」を使った新メニューが展開されている。

 後者の新メニュー「ゼロミートハンバーグのモロッコ風トマト煮込み“ケフタ”仕立て」を食べに行ってきた。

 何かの肉に似ているかというわけではなく、大豆ミートにつきものの大豆臭が限りなく薄い。そして食感と味わいが日本のハンバーグに近かった。聞けば開発者はやはり「日本のハンバーグ」を目指した味になっているという。普通に旨くて、正直ちょっと、いや、かなり驚いた。

 食のまわりでは、やっぱり「日本人でよかった」と思ってしまう。

 ■松浦達也(まつうら・たつや) 編集者/ライター。レシピから外食まで肉事情に詳しく、専門誌での執筆やテレビなどで活躍。「東京最高のレストラン」(ぴあ刊)審査員。

zakzak

  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 「枝野さん、議論しろよ」 安倍前首相が憲法シンポで改憲議論呼びかけ