ワクチンによる死者回避7200人に上方修正 京大教授試算

産経ニュース
ワクチン接種の様子
ワクチン接種の様子

新型コロナウイルスのワクチン接種の効果について、京都大の西浦博教授は14日、今年3~9月の約半年間にワクチン接種で約80万8000人の感染と約6400人の死亡が回避されたとの試算結果を修正し、それぞれ約65万人、約7200人だったと厚生労働省を通じて明らかにした。

西浦氏は13日、厚労省に新型コロナ対策を助言する専門家組織の会合で資料を提出していたが、計算に誤りがあったため修正したという。厚労省のホームページでは修正を反映した資料を掲載している。

西浦氏が修正した資料によると、再計算の結果、3月からの約半年で実際の感染者は約114万人で死者は約8300人だったが、ワクチン接種がなければそれぞれ約179万人、約1万5500人になっていた可能性があるという。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿