阪神がドラフト3位・桐敷拓馬投手に指名あいさつ 「ここから開幕までの期間が一番大事」

サンスポ
ドラフト3巡目指名を受け、阪神・畑山俊二統括スカウト(右)を出迎える新潟医療福祉大学野球部の(左から)佐藤敏郎部長、指名された桐敷拓馬、鵜瀬亮一監督 =新潟市内のホテル (撮影・戸加里真司)
ドラフト3巡目指名を受け、阪神・畑山俊二統括スカウト(右)を出迎える新潟医療福祉大学野球部の(左から)佐藤敏郎部長、指名された桐敷拓馬、鵜瀬亮一監督 =新潟市内のホテル (撮影・戸加里真司)

阪神からドラフト3位で指名された桐敷拓馬投手(22)=新潟医療福祉大=が14日、新潟市内のホテルで畑山統括スカウト、担当の吉野スカウトから指名あいさつを受けた。

「即戦力という言葉をいただいたんで、1年目からチームに貢献できる投手になりたい」

関甲新リーグ1部で、2年秋には延長10回の参考記録ながら、リーグタイ記録となる1試合18奪三振をマークした最速150キロ左腕。目標とする投手に「コントロールもいいし、非常に伸びのある直球を投げられている」とリリーフで奮闘している岩崎の名前を挙げた。

桐敷は「ここからはプロの開幕まで、この期間が一番大事。この期間をしっかりやらないとプロの世界では通用しないと思うので、しっかり地道に(トレーニングを)やっていきたい」と決意を新たにしていた。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終