長野放送・アナウンサーコラム

戸田山貴美「身近なSDGsの取り組み」

産経ニュース
戸田山貴美アナウンサー
戸田山貴美アナウンサー

1人暮らしを始めて2年以上がたちました。気がつけば部屋が物であふれていたため、断捨離を決意。作業を進めると、本当に必要な物か否かの判断がつくようになり、最近では無駄な物を買うことが少なく、できるだけゴミを減らそうという意識も高まりました。

そしてガランとした部屋に観葉植物やハーブを置き、その成長を見ることが日々の癒やしになっています。

さて、最近「サスティナブル」という言葉をよく耳にします。国連で定めた持続可能な(サスティナブル)開発目標(SDGs)に向けた取り組みが世界中で行われているからです。国際社会共通の目標というと、規模が大きく自分には一体何ができるのだろうと思っていましたが、こうした身近な行動も1つの取り組みではないかと思います。

不要な物を買わない、食べ物を残さないなど、個人レベルでできることはたくさんあります。日常生活において一人一人の身近な行動や選択がSDGsの達成につながると思います。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. ヒカキンの20年後の姿に「登録者10億人w」「髪の毛がぁ…」とネット爆笑 「バトルフィールド 2042」トレーラー映像に登場

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 「辻元、辞めろコール」殺到に立民完全スルー! 「寄付した側のミス」投稿を拡散

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」