食と健康 ホントの話

海藻類の“ネバネバ”が「メタボ抑制」のメカニズムを解明

金倫基教授
金倫基教授

 納豆や長芋、オクラ、なめこ、めかぶなどの海藻類のネバネバは、腸に良いと言われている。このネバネバは水溶性食物繊維で、「ムチン」「ペクチン」「フコイダン」「アルギン酸」などが知られている。

 海藻類に多く含まれるのはアルギン酸で、海藻類から抽出しナトリウムで中和した「アルギン酸ナトリウム」は、増粘剤やゲル化剤など、食品の品質改良材として広く用いられている。

 慶應義塾大学薬学部とカイゲンファーマ株式会社(大阪市)の研究グループは、このアルギン酸ナトリウムが腸内細菌を介して、メタボリックシンドローム(以下メタボ)を抑制することを明らかにした。

 アルギン酸ナトリウムはこれまで、体重増加を抑える、コレステロールを減少させるなど、メタボに対する効果が報告されている。そのメカニズムは、食事で摂取した脂質を物理的に吸着し、小腸からの脂肪酸やコレステロールの吸収を抑えると考えられていた。

 またアルギン酸ナトリウムは、一部の腸内細菌によって利用されることが知られている。そこで研究チームは、アルギン酸ナトリウムは腸内細菌を介して メタボの抑制に働いているのではないかという仮説のもとに研究を開始した。

 まず、メタボ抑制効果を確認するために、高脂肪食を与えたマウスにアルギン酸ナトリウムを同時に与えた。その結果、アルギン酸ナトリウムを与えていないマウスと比べて、与えたマウスでは、高脂肪食を食べさせた後の体重増加量や血中コレステロール値、脂肪・肝臓重量、肝臓脂肪滴が有意に減少し、耐糖能(血糖値が高くなったときに、正常値まで下げる能力)も改善していた。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム