ダイソーネットストア全国展開始まる 好意的な声の一方、注文は1650円から、1.1万円から送料無料は「ハードル高い」とも

13日から全国展開を始めた100円ショップ「DAISO」の商品を取り扱う公式ECサイト「ダイソーネットストア」
13日から全国展開を始めた100円ショップ「DAISO」の商品を取り扱う公式ECサイト「ダイソーネットストア」

全国に100円ショップ「DAISO」3620店を展開している大創産業は13日、同店の商品を取り扱う公式ECサイト「ダイソーネットストア」の全国展開を始めた。

同サイトは、生活に欠かせない衛生用品やマスク、コスメ、モバイルグッズ、アウトドア、趣味のキャンプグッズやガーデニング用品、いざというときに備えておきたい防災用品など、約3万点の商品を揃えており、1個単位で合計金額税込み1650円から注文できる。時間に縛られずにネットショッピングを楽しみたいユーザーや、居住地域に店舗のないユーザーのニーズに応えたサービスだという。一部地域で5月から試験運用を実施していたが、同日から全国展開に切り替えた。合計金額が税込み1万1000円以上で送料無料、1万1000円未満の場合は税込み770円の送料が別途必要となる。

全国展開を受け、ツイッターにはダイソーファンからの反響が相次いでいる。扱う商品点数が膨大な同店らしく「インスタ等で気になった商品を店で探すという手間が省けるね」「商品検索に便利そう」というように、実店舗より効率よく買い物できそうとの声や、近隣に店舗のないユーザーからの「DAISO遠いから嬉しい」といった歓迎のコメントも散見された。

また、「同じものが数欲しい時に(訪れた店舗には十分な在庫が)ない場合があるから、大量に買い入れるなら良いな」と、ECサイトならではの利点に着目した書き込みも見られた。

好意的な受け止めの一方で、「1650円~っていうのがなぁ」「100均で1650円以上買ったことがないです」「ダイソーで1万円以上使ったことないな~」「送料だけであと七個買えるんか……店行く方がいいな」「ハードルが高過ぎる」など、注文可能となる最低金額や送料の設定に難色を示す人も少なくない。

送料については「5000円以上で(送料)300円とか もうワンクッションあればなぁ」「送料無料&最寄りのダイソーで受け取り可能になればいいのに」など、ハードルを下げる施策への要望も寄せられていた。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. ヒカキンの20年後の姿に「登録者10億人w」「髪の毛がぁ…」とネット爆笑 「バトルフィールド 2042」トレーラー映像に登場

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 「辻元、辞めろコール」殺到に立民完全スルー! 「寄付した側のミス」投稿を拡散

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」