阪神・西勇にアクシデント 二回途中で降板

サンスポ
2回、巨人・松原聖弥の内野ゴロで得点を許した後、ベンチへ戻る阪神・西勇輝 =東京ドーム(撮影・水島啓輔)
2回、巨人・松原聖弥の内野ゴロで得点を許した後、ベンチへ戻る阪神・西勇輝 =東京ドーム(撮影・水島啓輔)

(セ・リーグ、巨人―阪神、24回戦、13日、東京D)阪神・西勇輝投手(30)がアクシデントで降板となった。1―1の二回1死二、三塁で松原の二ゴロの間に勝ち越し点を奪われた直後、右手を挙げて、自らベンチへ。そのまま交代となった。2番手で馬場がマウンドに上がった。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【断末魔の中国】習氏焦燥…コロナさらに蔓延で北京五輪開催危機 ジェノサイド・軍事威嚇で〝世界に友人居ない〟中国 新幹線で「共同貧乏」党幹部は戦々恐々

  3. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」