阪神からドラフト2位指名された鈴木(創価大)が高橋に弟子入り志願

サンスポ
阪神からの指名あいさつを終えブロンズ像を背にポーズをとる創価大・鈴木勇斗=東京都八王子市の創価大学(撮影・水島啓輔)
阪神からの指名あいさつを終えブロンズ像を背にポーズをとる創価大・鈴木勇斗=東京都八王子市の創価大学(撮影・水島啓輔)

阪神からドラフト2位で指名された鈴木勇斗投手(21)=創価大=が13日、東京・八王子市の同校で、畑山統括スカウト、担当の吉野スカウトから指名あいさつを受けた。

「(ドラフト当日の11日から)日がたって、実感がわいたというか…。地元の友人、両親や(少年野球時代の)指導者にすごく喜んでもらえてうれしい気持ちです」

鹿児島県出身。鹿屋中央高時代は甲子園とは無縁だった。「甲子園は高校時代に投げられなかったマウンド。本拠地になると考えたらうれしく思う」と改めて、喜びをかみしめた。

左腕から最速152キロの直球がセールスポイントで来季、先発ローテ入りが期待される鈴木は高校時代、亜大(当時)だった高橋と面識があるという。「同じ左腕で、真っすぐもよくて変化球もよくて、目標としている投手。いろいろ教えてもらったり、学べることがあると思うので、話がしたいです」と早くも弟子入り志願した。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」