日大の補助金90億円“大幅減額”か 背任事件で「役員逮捕、起訴」条件に該当 過去に「タックル問題」などで35%減

約90億円の補助金を受けている日大だが、井ノ口容疑者の逮捕で減額の恐れも
約90億円の補助金を受けている日大だが、井ノ口容疑者の逮捕で減額の恐れも

 日本大学の付属病院の建て替え工事をめぐる背任事件で、東京地検特捜部に背任容疑で逮捕された日大理事の井ノ口忠男容疑者(64)が関連会社を実質的に支配し、不正な資金流出を主導した構図が浮かんできた。捜査が進展すれば、日大が国や自治体から支給されている約90億円の補助金が大きく減額されることも予想される。

 日大の関連会社「日本大学事業部」は、日大から設計業者の選定などを委託された。産経新聞によると昨年2月ごろ、井ノ口容疑者は意中の都内の設計会社が評価点で1位を取れなかったことを知ると、「それでは困る。どうにかできないか」などと不満を示し、日大事業部の社長ら複数人に評価点を水増しするよう指示したという。

 日大事業部の取締役だった井ノ口容疑者は物品調達の業者選定などをめぐっても主導権を持ち、上役にあたる社長でさえ逆らえない状態だったとされる。日大事業部の社長らは特捜部の任意の事情聴取に「井ノ口容疑者が怖かった」などと供述しているという。

 特捜部の発表などによると、評価点の改竄(かいざん)後、都内の設計会社は設計業務を約24億円で受注。井ノ口容疑者の指示を受け、日大から支払われた着手金の一部2億2000万円を大阪市の医療法人グループ前理事長、籔本雅巳容疑者(61)=同容疑で逮捕=が保有する都内のコンサルタント会社に送金したとされる。

 日大に損害を与えた背任容疑を井ノ口容疑者は否認しているが、大学はさらに大きな損害をこうむる恐れがある。

 日大は2020年度、90億2613万円の補助金が交付され、早稲田大学に続く2位。だが、日本私立学校振興・共済事業団の補助金取扱要領では、「学校経営に係る刑事事件による役員または教職員の逮捕および起訴」に該当した場合には補助金が減額されると定められている。

 日大には例年90億円前後の補助金が交付されているが、18年度は35%減の約58億円だった。同年5月のアメリカンフットボール部の悪質タックル問題で「学校法人の管理運営が適切を欠く」とされたほか、医学部入試でOBの子供の優遇が発覚したことが減額の理由となった。

 大学ジャーナリストの石渡嶺司氏は「今後の捜査でほかの役員らの関与が浮上するかどうかで対応が分かれるのではないか。組織ぐるみの不正と認定されれば、18年の不正から反省がないともいえるので、当時と同等の減額が行われる可能性がある」と指摘した。

zakzak


  1. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」