S列車で行こう シルバーマル“得”ぶらり歩き

歌川広重が描いた江戸名所「絵本江戸土産」展 台東区立中央図書館郷土・資料調査室

夕刊フジ用 提供写真
夕刊フジ用 提供写真

 ちょっと長い名前だが、東京都台東区立中央図書館郷土・資料調査室で、「絵本江戸土産~広重が描いた台東区~」を展示中(12月12日まで)なので出かけてみた。場所は台東区立中央図書館2階で、かっぱ橋道具街のすぐそばである。

 シルバーパスで都営三田線に乗り春日で大江戸線に乗り換え新御徒町駅下車、春日通りを蔵前方向に歩き三筋1丁目左折でかっぱ橋道具街だ。店先にさまざまな食堂・レストラン用品が置かれ、シェフや板前とおぼしき人たちが物色しながら歩いている。かなり長い道具街を抜けた右側に図書館の入るビルがあった。

 2階の展示コーナーには歌川広重が1850年から出版した「絵本江戸土産」という当時のガイドブックなどが展示されている。ほかに「名所江戸百景」などの版画も見られる。「御厩河岸駒形堂金龍山遠望」は、隅田川をこぐ渡し舟と帆掛け舟が描かれ、詞書には「遥かに見ゆる筑波の嶺」「梢を貫く五重の搭はこれ金龍山浅草寺」などと書かれている。浅草や上野など、台東区は名所が多かったと納得。

 隣には芸能関係の資料が多い浅草文庫コーナーがあり、上に懐かしい活動写真「銀幕を彩った映画スターたち」のパネル。中に「目玉の松ちゃん」で有名な「尾上松之助」もいた。

 1階に降りると、浅草生まれの国民作家の「池波正太郎記念文庫」もあった。書斎の復元や愛用品、自筆原稿や自筆絵画など興味深い遺品が多く展示されていた。満足して外に出て、再びかっぱ橋道具街を冷やかしながら帰路に着いた。 (いくちゃん)

 【台東区立中央図書館】 東京都台東区西浅草3の25の16台東区生涯学習センター。池波正太郎記念文庫は1階、郷土・調査資料室は2階(いずれも入場無料)。

zakzak

  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 「枝野さん、議論しろよ」 安倍前首相が憲法シンポで改憲議論呼びかけ