鷲見玲奈に宇賀なつみ「インスタライブでの無防備な姿」は“戦略”か

ポストセブン
カメラにぐっと接近する鷲見玲奈アナ(写真はInstagramより)
カメラにぐっと接近する鷲見玲奈アナ(写真はInstagramより)

かつては「高嶺の花」の代名詞だった女子アナウンサーたちも、すっかり身近にコミュニケーションできる時代になってきた。長い新型コロナウイルス禍を経て、フリー女子アナウンサーたちのSNSが話題になってきている。中でも、注目を集めるポイントは「生配信」や「飲み配信」だ。

テレビの中だけの存在だった彼女たちが、公式インスタグラムのライブ配信機能「インスタライブ」で、自宅などからお酒を飲みながら生配信をすると、ファンがたくさん集まるようになっている。あるスポーツ紙芸能記者が語る。

「特に今が旬の鷲見玲奈さん(31才)と、人妻ながら酒豪で有名な宇賀なつみさん(35才)の配信が好評です。

2人とも赤ら顔の素のリアクションで、視聴者のコメントに次々答えてくれるので、すぐに多くのユーザーが集まるのです。しかも宇賀さんは、配信の中で化粧を落としてすっぴんになったり、配信途中で生着替えをしたりと、サービス満点。女子アナが生中継で着替え始めるなんて、一昔前ならあり得ないことでした」

画面の横からは着替えで服がこすれる音がして、ボディーラインが浮き出るタンクトップやタイツ姿で現れると「セクシー」「鼻血ブー!」「艶っぽい」と、コメントが沸騰した。

一方、テレビのバラエティー番組で見ない日が無いぐらいに引っ張りだこの鷲見も、ノースリーブのセクシーな服装で缶チューハイのロング缶を飲み干したり、視聴者の恋愛相談に乗ったり、料理をしたりと、毎回気さくに配信中。特にバズったのは、昨年秋の出張先の温泉旅館からの、同じ所属事務所セントフォースの岡副麻希(29才)との配信だった。

「予告なしの約15分間の生配信ながら、あっという間に4000人以上が視聴。美女アナ二人のプライベートっぽい姿に大盛り上がりでした。しかも、インスタライブはスマホの縦画面の動画なので、どうしたってバストアップで映り続けます。鷲見さんをアップで見て彼女の魅力がたっぷり堪能できてしまう生配信というわけです」(前出・スポーツ紙芸能記者)

もちろん、彼女たちの一番の武器は、アナウンス力。キー局のバラエティ担当ディレクターが語る。

「鷲見さんも宇賀さんも、毎日のテレビの生放送で、リアクションや反応の素早さを鍛えられてきたので、どんなコメントにもうまく対応できてしまう。元局アナですから、普通のタレントよりもコンプライアンスへの意識も高い。少々お酒を飲んだとしても、NGワードを発するなどの事故は起こさないとの自信もある。インスタライブで見せる無防備さは、むしろ彼女たちの戦略と言えるのかもしれませんね」

もともと女子アナの人気が高まった理由は、従来はグラビアタレントらのように露出を売りにしたり、ぶりっこし合うアイドルらとは違い、一流テレビ局のイチ社員というお堅いイメージを売りにする職業だったから。そんな彼女たちの、少し無防備な素顔がのぞけるのは、まさにプライスレスな楽しみといえそうだ。

関連記事
  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 「枝野さん、議論しろよ」 安倍前首相が憲法シンポで改憲議論呼びかけ