エルサレムに「スギハラ広場」 ユダヤ人救出外交官を顕彰

産経ニュース
エルサレムで開かれた記念式典で、看板の除幕をするレオン市長(中央左)と杉原伸生さん(同右)ら=11日(共同)
エルサレムで開かれた記念式典で、看板の除幕をするレオン市長(中央左)と杉原伸生さん(同右)ら=11日(共同)

エルサレム市はナチス・ドイツのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)から多数のユダヤ人を救った日本の外交官、杉原千畝にちなみ、同市南西部にある広場を「チウネ・スギハラ広場」と命名、11日に記念式典を開き顕彰した。杉原の名を冠した通りなどはイスラエル国内に複数存在するが、エルサレムでは初めて。

式典には、レオン市長や水嶋光一駐イスラエル日本大使、杉原に助けられたユダヤ人やその子孫らのほか、杉原の四男伸生さん(72)=ベルギー在住=も参加。「チウネ・スギハラ広場」と書かれた看板の除幕をした。

伸生さんは「生き残った人々の子供や孫が記憶を受け継ぎ、再び子供たちに(事実を)伝えている。それが一番重要だ」とあいさつした。

杉原はリトアニアのカウナス駐在領事代理だった1940年、日本政府の命令に反し2千通以上の日本通過ビザをユダヤ人に発給した。(共同)

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿