巨人“即戦力”固めでドラフト下手克服できたか 「右腕では1位」の翁田も他球団の評価は…近年の新加入選手が1軍戦力になれない現実

ドラフトのくじ引きで6連敗中の原監督は今回はくじ引き役を回避
ドラフトのくじ引きで6連敗中の原監督は今回はくじ引き役を回避

 「プロ野球ドラフト会議supported by リポビタンD」が11日、東京都内で行われ、巨人は外れ1位で関西国際大・翁田(おうた)大勢投手(22)を指名した。2位ではJR東日本・山田龍聖投手(21)、3位で日大・赤星優志投手(22)と上位で大卒、社会人の即戦力投手を固め取り。今季はリーグ3連覇と日本一奪回を目標に戦ってきたが、もっか6連敗中で12日にもV逸が決まる。球界の盟主は来季に持ち越された悲願達成に向けて、近年の新加入選手が1軍の戦力になれていない“ドラフト下手”を解消できたのか。 (片岡将)

 7人の本指名を終えた原辰徳監督(63)は「思っていた以上の選手たちが指名できた。90点以上ですね」と総括し、大いに満足感を示した。

 もう失敗は許されない。ここ3年間に入団した選手で、1軍の戦力になれたのは18年1位の高橋と同6位の戸郷くらいだ。お得意様にしてきた阪神は、同じ3年間のドラフトでチーム力の底上げに成功。18年1位の近本、同3位の木浪、19年3位の及川、20年1位の佐藤輝、2位・伊藤将、6位・中野が1軍に定着し、シーズン最終盤までヤクルトと首位を争う。

 巨人は秋に入って息切れを見せ、優勝争いから蹴落とされた格好だ。いくら豊富な資金力にものを言わせ、FAや外国人の補強でカバーしようにも限界がある。来季こそ7人のルーキーたちが、チームに新陳代謝をもたらしてくれないと、日本一奪回はおぼつかない。

 最も大きな期待を背負う1位を誰にするかは当日まで伏せられたが、大方の予想通り大学ナンバーワン左腕の西日本工大・隅田知一郎(ちひろ)投手(22)を指名。事前に公言していた西武に加え、広島、ヤクルトと4球団で競合した。くじ引きで過去1勝11敗、昨年まで6連敗中の原監督に代わり、今村司球団社長(61)が左手で引いたが、すでに当たりは西武が引いた後だった。

 球団としてはくじ引き11連敗を喫するも、外れ1位では変則右腕の翁田の単独指名に成功。原監督は「ジャイアンツでは2番目の評価の選手。右では翁田君が1位だった。大変いいスタート」とうなずいた。さらに2位で「左で2番目の評価をしていた」という山田、3位で東都1部秋季リーグで2戦連続完封勝利を遂げ評価を上昇させた赤星も確保。「今年はこういう形がベストではないかと判断した。先発ローテを目指してジャイアンツの中に入ってもらって、十分戦える3人と考えている」と納得の表情を浮かべた。

 ただ、気になるのは、翁田への「全体では2番目の評価」というコメントが、1年前のドラフトでも聞いたものであること。近大・佐藤輝(現阪神)のくじを外し、外れ1位で指名した亜大の最速156キロ右腕、平内龍太投手(23)も全く同じ評価を受けていた。次代のエース候補と期待は大きく、背番号「11」を託されたが、オープン戦からプロの洗礼。フォームで球種がバレてしまい、開幕早々の3試合で防御率14・40と打ち込まれると、5月以降は2軍暮らしが続いている。

 翁田は二の舞いを避けられるのか。9月19日の大産大戦で自己最速157キロをマークするなど潜在能力は高いが、公式戦での実績はないに等しい。昨秋の阪神1部リーグは右肘炎症で登板がなく、右肘を疲労骨折した今春も1試合のみの登板で0/3回3失点と投球にならず。リーグ戦は通算4勝3敗にとどまる。

 他球団のスカウトは「ウチを含めて即戦力とみていた球団は少ないと思う。ウチは2位か3位という評価だった」と明かす。「直近の2失点で完投した試合では14三振を奪ったけど、6四死球と荒れた内容だった。かなり制球がばらつくタイプだから、巨人さんではあんまり長く投げさせてもらえないんじゃないかな。制球を矯正しようとして、思い切りのいい腕の振りが消えなければいいけど」と心配顔だ。

 2位の山田は、巨人がのどから手が出るほど求める速球派の先発型左腕だが、セ・リーグ球団のベテランスカウトは「球威があっても失点に四球が絡むことが多いから、スカウトによって好き嫌いが分かれるんじゃないか」と難しい表情。翁田と同じく制球力をネックと見て、手を引いた球団もあるという。3位の赤星は一転して制球力に定評あるタイプだが、今秋は最速152キロに及ばない140キロ前後の投球が大半を占めるのが気になるところだ。

 巨人のスカウトが「ウチの『即戦力』はハードルが高い。年間を通してローテで活躍して、ようやくスカウトも評価されるくらいですからね」と苦笑するように、常勝軍団を率いてきた指揮官の目は極めてシビア。来季も続投となれば、ルーキーのうち何人が「1軍の戦力」としてお眼鏡にかなうのか。

zakzak

  1. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」