「声がセクシーすぎる男性声優TOP5」にネット沸く 1位・諏訪部順一の仕事に対する姿勢も「どこまでも素敵」と話題に

フジテレビの外観
フジテレビの外観

12日に放送されたフジテレビ系朝の情報番組「めざましテレビ」で「声がセクシーすぎる男性声優TOP5」が取り上げられ、その顔ぶれがネット上で話題になっている。栄えある第1位にはアニメ「テニスの王子様」跡部景吾役や、同「黒子のバスケ」青峰大輝役などで知られる諏訪部順一が輝いた。

この日は「まいにちランキング」のコーナーで「声がセクシーすぎる男性声優TOP5」をピックアップ。gooランキングが過去に発表したもので、5位・櫻井孝宏、4位・宮野真守、3位・中村悠一、2位・津田健次郎、1位・諏訪部といった結果だった。

放送を受け、ツイッターでは「諏訪部さん」のワードがトレンドに登場。これに諏訪部自身も反応し、ツイッターで「朝から騒がしいので何かと思えば・・・ありがとうございます(笑)」と投稿し、感謝を伝えた。

さらに更新を続けた諏訪部は「あ、なんか事務所に写真使用のお問い合わせがあったようですが、恐縮ですがお断りしました」と説明。その理由について「『声』に自分の容姿は関係ないと思ったので。その分、ウチのコ達を純粋に愛でて頂けたのでは?(笑)」と自身の考えを述べた。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム