籔本、井ノ口両容疑者が仕組んだ“綿密計画”日大理事の背任逮捕 工事業者に「価格を探ります」と条件報告 評価点改竄をLINEで逐一報告し合い

用意周到な井ノ口忠男容疑者(右)と籔本雅巳容疑者(日大HPから)
用意周到な井ノ口忠男容疑者(右)と籔本雅巳容疑者(日大HPから)

 日本大学の付属病院の建て替え工事をめぐる背任事件で、日大理事の井ノ口忠男容疑者(64)=背任容疑で逮捕=らの巧妙な手口が次第に明らかになってきた。手口をたどると、資金を流出させるために、綿密な計画を練っていたことがうかがわれる。

 井ノ口容疑者は、流出させる資金の受け皿となった医療コンサルタント会社を保有する医療法人グループ「錦秀会」の前理事長、籔本雅巳容疑者(61)=同=に対し、工事の設計業者選定に関する情報を報告していたという。東京地検特捜部は、意中の業者に選定させるため、井ノ口容疑者が籔本容疑者の了承も取った上で手続きを進めていたとみている。

 関係者によると、井ノ口容疑者は昨年、医学部付属板橋病院(東京都板橋区)の建て替え工事を請け負う業者が決まる前に、LINEで「価格を探ります」などと日大側の契約の条件について報告していたという。

 設計業者の選定は総合評価を競う「プロポーザル方式」で行われ、4社が参加。選定委員会の評価点では当初、都内の設計会社は1位ではなかったが、井ノ口容疑者が日大関係者らに指示して評価点を改竄(かいざん)したとみられる。こうした過程についても、井ノ口容疑者は籔本容疑者にLINEで逐一報告していた。

 その後、日大から設計会社に着手金として7億3000万円が振り込まれ、うち2億2000万円が籔本容疑者が保有する医療コンサルタント会社に送金される。 しかし、この7億3000万円の着手金支払いは当初の予定にはなく、井ノ口容疑者らが早く資金を回すため、日大側に契約金の一部を前払いさせた疑いがある。

 また井ノ口容疑者が指示して、設計会社と医療コンサルタント会社の間で契約書を作成させていたことも判明。正当なコンサル契約に基づく支払いがあるように偽装したとみられ、井ノ口容疑者と籔本容疑者の立てた計画の一端が浮かび上がった。

zakzak


  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム