警戒すべき日本の「韓国疲れ」を突く情報心理戦 ネットの「どうでもいい」論の危うさ…いま改めて「釜山赤旗論」考えるべき

朝鮮戦争を機に、日本の旧軍関係者などの間で高まったのが「釜山赤旗論」だった。

中国・ソ連・北朝鮮による南進が成功し、韓国南端の釜山に赤旗が翻ることになったら、日本の安全保障はどうなるのか。最悪の状況を想定して、対処を進めるべきだという意見だった。

いま憂慮すべき事態は、共産勢力の軍事的な南進ではない。韓国が表面的には合法手続きにより自ら赤化し、在韓米軍を追い出し「釜山に赤旗」が立つ事態だ。いま改めて「釜山赤旗論」を考えなくてはならない。

先週の本欄に、「もはや文在寅(ムン・ジェイン)政権は『中国の奴隷的代弁人』」との見出しの一文を書いた。「韓国が完全に赤化するよりも、コウモリ状態に留め置く方が自由陣営にとっては得策だ」という趣旨だ。

これに対する、夕刊フジとヤフーのコメントはほとんど「想定内」だった。

「韓国のことなど、もうどうでもいい」とのコメントは、相変わらず多かった。その背後には、嫌韓が日本のニューノーマルになって久しい中での「韓国疲れ」があるのだろう。

だが、「もうどうでもいい」論は、相手の状況と動向を的確に把握したうえでの「戦略的無視」とはまったく異なる。一種のムードづくりの役割を果たしている。「韓国の実情を日本人に知られたくない」と願う勢力を喜ばすムードだ。そう願う勢力には、日本人もいる。

しかし、圧倒的な勢力は、韓国の左翼政権であり、その配下にある情報機関だ。

「嫌韓のネトウヨ」の顔をして「もうどうでもいい」論を主導する人々の背後には、実は韓国の情報機関による対日情報心理戦が働いているのかもしれない。

「長崎県・対馬を最前線にして軍事対決を」といったコメントに、多数の賛同が集まっていることには、危うさを感じた。

なぜなら、在韓米軍が撤収して、韓国が「レッドチーム」になったなら、対馬で対峙(たいじ)する相手は、弱軍弱兵の韓国ではない。「残忍さ」をウリにする中国軍だ。

それに即応できる防衛能力が、日本にあるのか。いま対馬に駐屯する自衛隊は、陸海合わせて600人ほどだ。「レッドコリア」となれば、中国は済州(チェジュ)島の海軍基地の利用権も得るだろう。それへの対応は…。

そこら辺を考えれば、勇ましい「対馬=最前線論」とは、「米軍の本土上陸に備えて竹槍訓練を」と叫んだ戦中の狂った意見に似ている。

韓国の次期大統領選挙に向けた与党の予備選挙は、反米・反日の李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事の独走が止まらない。

野党陣営では、「あいつの手のひらには、巫女(みこ)に書いてもらった、おまじないがある」「あいつこそ、易占に従って改名した過去がある」といった罵(ののし)り合いが続く。2期連続の左翼政権が動かしがたい情勢だ。つまり、釜山に赤旗が翻る日が迫っている。

ただし、文政権より過激な李政権が誕生したからといって、直ちに在韓国連軍(在韓米軍)を追い出せるわけではない。心はレッドチームでも、軍事の枠組みはブルーチームから抜け出せない時間が続くのだ。

それは日本が改めて「釜山に赤旗論」を真剣に考え、対処を進めるべき好機でもある。(室谷克実)

zakzak



  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 「枝野さん、議論しろよ」 安倍前首相が憲法シンポで改憲議論呼びかけ