阪神・中野、執念3安打2打点 九回には意地のヘッスラ「勝たないと意味ない」

サンスポ
四回、一時同点の2点打を放った中野。今季最後の神宮で意地をみせた(撮影・水島啓輔)
四回、一時同点の2点打を放った中野。今季最後の神宮で意地をみせた(撮影・水島啓輔)
九回にはヘッドスライディングで内野安打をもぎとった(撮影・松永渉平)
九回にはヘッドスライディングで内野安打をもぎとった(撮影・松永渉平)

(セ・リーグ、ヤクルト6-4阪神、23回戦、阪神12勝8敗3分け、10日、神宮)殴り殴られ、また殴り、それでも最後は力尽きた。それでも中野のファイターぶりは虎党の心を焦がした。中野が一時同点の2点打を放ち、最後はヘッドスライディング。執念を体で示した。

「みなさんがつないで作ってくれたチャンスの場面で、なんとかしたいという思いだけでした。必死に食らいついていきました」

今季ワーストの17残塁を数えたように得点圏に走者を置きながらも、もどかしい攻撃が続いた。0-2の四回、梅野と代打・山本の連打、近本の四球で1死満塁としたところで打席に立つと、ベテラン石川のシンカーをとらえた。

二遊間への打球に二塁手・山田も飛び込んだが捕れず。中前へと転がり、試合を振りだしに戻した。四回、大山の一時勝ち越し打は三塁手・村上のトンネル。チームでただ一人、打点を挙げたのは新人王候補に名を刻む中野だった。

五回2死一塁では右翼線への二塁打を放つと、九回2死二塁ではマクガフの直球に詰まらされながらも、一塁へのヘッドスライディングで遊撃内野安打。得点にはつながらなかったが、好機を拡大させた。猛打賞は9月11日の広島戦(マツダ)以来、今季10度目だ。

負けられないヤクルトとの直接対決だったが、中野は前日までヒットを1本も飛ばせなかった。今季通算打率・208とセ・リーグ5球団の中で最も苦手とする相手。「最近、全く仕事もできていなかったですし、状態があまり良くない中でも塁に出るというのが大事だと思う。そこはしっかりとできた」。運命のドラフト会議から1年。D6位から虎に欠かせない戦力に成長した〝令和の牛若丸〟は自分の仕事を改めて見つめ直した。

「結果的に勝たないと意味がないので。つながりよく後ろにつなげられるようにやっていきたい」

敗戦の悔しさをにじませた。終わったわけではない。最後まであきらめず、逆転優勝へと突き進む。(菊地峻太朗)

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  4. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第14週で安子編の伏線回収? 話題の予告動画、ジョーの衣装に「ノッポさん」の声も