「あな番」の考察ブーム再燃 西島秀俊主演「真犯人フラグ」初回放送から盛り上がる やはり“謎の女”生駒里奈説が有力か

生駒里奈(寺口純平撮影)
生駒里奈(寺口純平撮影)

俳優、西島秀俊が主演の日本テレビ系日曜ドラマ「真犯人フラグ」(日 午後10・30)が10日にスタート。ツイッターでは、放送中からトレンド上位にタイトルがランクインし、タイトルそのままに真犯人探しに夢中になる視聴者からの書き込みが相次いだ。

同作は、2019年に2クール連続で放送されてSNSで考察ブームを巻き起こし、12月には劇場版の公開も控えている話題作「あなたの番です」の制作スタッフが贈る、完全オリジナル新作ミステリー。「あな番」と同じく、秋元康氏が企画・原案を担当し、今回も2クール連続放送となる。西島演じるごく普通の真面目なサラリーマン、相良凌介が、家族が失踪したことで日本中から疑惑の目を向けられつつ、真実を暴く壮絶な戦いに挑んでいく物語だ。

10日放送の第1話では、凌介の大学時代の友人・河村俊夫(田中哲司)が編集長を務める週刊誌「週刊追求」のネット版が凌介の家族の失踪を報じ、当初は同情を集めるものの、失踪の日に凌介たちのサークル仲間だった日野渉(迫田孝也)が開店したばかりのバーで撮影した凌介と日野の楽しげな2ショットが拡散して誤解を招き、ネット民から凌介に「真犯人フラグ」が立てられてしまう…という展開が描かれた。

初回から多くのキャラクターが登場し、各々が思わせぶりな演技を垣間見せたり、意味ありげなカットが多く盛り込まれていたこともあり、ツイッターでは放送中から、視聴者による真犯人探しの考察で盛り上がった。

同日の放送で、怪しげな振る舞いが見られたのは、凌介の妻・真帆(宮沢りえ)、そのママ友・菱田朋子(桜井ユキ)、ITベンチャーの若手起業家・橘一星(佐野勇斗)、相良家の新居を担当する住宅メーカーの営業マン・林洋一(深水元基)、新居の近所の住民の猫おばさん(平田敦子)、涼介が勤める運送会社の配送ドライバー・望月鼓太朗(坂東龍汰)らで、それぞれに疑いの目を向けるコメントが散見された。怪しそうな人物があまりに多いため、「もう犯人じゃない可能性があるの猫だけじゃん」と途方に暮れる人も。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム