友野一希、近畿選手権Vもミス目立つ「性格悪く競技に臨めたら」/フィギュア

サンスポ

フィギュアスケート・近畿選手権(10日、木下アカデミー京都アイスアリーナ)男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の友野一希(23)=セントラルスポーツ=が、フリーも1位の125・34点を出し、合計201・24点で優勝した。

今季から演じる映画「ラ・ラ・ランド」の楽曲に乗って跳んだ冒頭の4回転トーループで転倒。続く4回転サルコーも着氷が乱れた。スピンでもバランスを崩すなどミスを連発。「振り返るところもない。話にならない。厄払いと思うしかない」と悔しさをあらわにした。

嫌な雰囲気にのまれた。最終滑走で登場。前に滑った選手たちが軒並み得点をのばせない中、「突き放してやろう」と挑むつもりだったが、「(森口)澄士(すみただ)くんが泣きそうな顔で帰ってきていて…その顔を見ちゃった瞬間、駄目でした。澄士くんは悪くないんですけど、こっちまで悲しくなっちゃった。もうちょっと自己中心的に。性格悪く競技に臨めたらいいなと思う」と反省した。

11月5日開幕のグランプリ(GP)シリーズ第3戦、イタリア大会に向けて「引き締めていきたい」と力を込めた。


  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」