「DV」「骨折」騒動を経て…前田敦子、勝地涼とは「子どもと3人で動物園」行く関係

ポストセブン
結婚前の2018年、恋人繋ぎしていた勝地涼と前田敦子の姿があった
結婚前の2018年、恋人繋ぎしていた勝地涼と前田敦子の姿があった

女優の前田敦子(30)が、今年4月に離婚を発表した元夫である俳優・勝地涼(35)との現在の関係について語った。10月7日に放送された『めざまし8』(フジテレビ系)で、オフの過ごし方について「昨日は動物園行ったりとか」と発言し、社会学者の古市憲寿氏に「子どもとふたりで?」とたずねられると、「元旦那と3人で行きました」と返した。

古市氏の「3人で仲いいんですね」という言葉に前田は「仲いいんですよね」とニッコリ。「長い休みのタイミングとかで私も休みがあったら、絶対『じゃあ子どもと出かけよう』って言って企画して出かけたりしてます」と元夫と親しく付き合っていることを明かし、「結婚しているときよりもお互いがオープンになれている感じ」「離婚して何かがいきなり変わったというか、『もっとこうやって楽に考えればよかったよね』みたいな」と噛みしめるように語った。

現在でこそ穏やかな関係を築いている前田と勝地だが、結婚生活は諍いが絶えなかった。ふたりの知人は、「どちらも我が強く、怒鳴り合いの夫婦げんかが絶えませんでした」と証言する。

「勝地さんは子育てに協力的ではなく、前田さんが不満をぶつけると、度々つかみ合いのけんかになったこともあったそうです。前田さんが仕事や買い物に出かけ、予定より帰りが遅くなると、何十回も電話をしてくるなど、短気な一面も垣間見えました。

一方で前田さんも束縛がひどかったようです。勝地さんは飲みに行くにも、ジムに行くにも数週間前から許可が必要だと周囲にこぼしていました」(ふたりの知人)

2019年の一時期、前田が車椅子生活を過ごしていたのも夫婦げんかが関係していたという。前田の知人は、女性セブンの取材にこう語っていた。

「そのけがは、実は勝地さんが原因だったんです。夫婦げんかがエスカレートして、勝地さんが前田さんを突き飛ばす形になった。彼女は転んでしまい、骨折したというのが真相のようです」

前田は恋愛においては激情型だ。あるワイドショーデスクは「好きになったら脇目も振らずにまっすぐ。自ら積極的に恋心を表現するし、交際すると束縛も強いタイプと言われてきました。それゆえにケンカも多いのですが」と評する。

しかし、シングルマザーとなったことで脱・恋愛体質したのかもしれない。8月上旬、ファッションデザイナーの森川正規氏との半同棲愛が『女性自身』に報じられたが、前田の事務所は、「(森川さんは)知り合いではございますが、女性誌に報じられたような関係ではございません」と交際を否定した。また、前田の知人もこのように語る。

「森川さんとは一時期、親しかったようですが、半同棲するような関係ではなかったと聞いています。今の彼女は独立して仕事に集中しているし、何より子供が第一ですからね。恋愛は二の次でしょう。あっちゃん本人も森川さんとは“もう会ってもいないのに”と言ってましたよ。

長らく離婚問題に悩んできたし、世間の抱くイメージの『恋多き女』とは少し違うので、しばらくは再婚もないと思いますよ」(前田の知人)

“恋愛モード”じゃなくなったことで元パートナーと程よい距離感になれるというのは、離婚あるあるだ。婚姻関係は解消しても、ひとりの子どもの父親、母親としての繋がりはいい形で続くようだ。

関連記事
  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  3. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で