都道府県の魅力度ランキング 1位は北海道、47位は?

ITメディア
魅力度平均推移
魅力度平均推移

ブランド総合研究所(東京都港区)は「地域ブランド調査2021」を実施し、その結果を発表した。

都道府県の中で最も魅力度が高かったのは北海道(73.4点)で、調査を開始した2009年から13年連続で1位に。「とても魅力的」が57.6%、「やや魅力的」が31.5%で、約9割が北海道を「魅力的」と回答。一方で「あまり魅力的でない」「全く魅力体でない」は合計でも1.0%と少ない。

都道府県の魅力度ランキング
都道府県の魅力度ランキング

2位は京都府(56.4点)で、13年連続の2位。「とても魅力的」と答えた人が前年の29.4%から今年は36.1%へと急増している。3位沖縄県(54.4点)、4位東京都(47.5点)で順位は前年と同じ。いずれも魅力度が10点以上も上昇した。5位は大阪府(42.0点)。前年より10点以上も上昇していて、神奈川県を抜いて調査開始以来最高順位を記録した。

6位は神奈川県(40.0点)、以下「福岡県」(37.5点)、「長崎県」(33.9点)、「奈良県」(33.4点)、「長野県」」(32.5点)と続いた。

■魅力度の伸び

魅力度の伸びが最も大きかったのは北海道。前年の60.8点から12.6点上昇し、2位以下との差を広げた。次は東京都。その背景として、ブランド総合研究所は「前回の調査の際に、コロナ禍の影響で大きく順位や点数を下げたことによる反動ともいえる」とコメントした。

順位の上昇が最も大きかったのは千葉県(30.4点)で、21位から12位へと9つも上昇。点数も北海道、東京都に次いで伸びが大きい。同県を「とても魅力的」と答えた人は11.0%で、これは前年の約3倍。特に20代は24.6%と前年から約4倍も増えている。「こうした若い世代からの評価が急上昇したことは観光面での評価も同様で、観光意欲度は17位から12位へと急上昇している」(同研究所)

最下位だったのは茨城県(11.6点)。19年まで7年連続最下位だった茨城県は、20年は42位に。21年も上昇が期待されたが、再び“定位置”に沈んだ。46位は佐賀県(12.8点)、45位は埼玉県(14.4点)。昨年、47位だった栃木県は41位(16.2点)となり、最下位から抜け出した。

■市区町村の魅力度ランキング

市区町村で最も魅力度が高かったのは、どこだろうか。調査の結果、1位は札幌市(63.9点)。12年以来となる9年ぶり7度目のトップとなった。同市を「とても魅力的」と答えたのは45.3%で、前年の29.0%から大幅増となった。

2位は函館市(62.8点)で、1位と2位を北海道の市が独占した。北海道からは4位に小樽市、10位に富良野市、26位に釧路市、29位に帯広市、30位に登別市、34位に旭川市と多くの市が上位にランクインした。

3位は京都市(62.0点)、次いで小樽市(56.1点)、鎌倉市(54.8点)、横浜市(52.0点)、神戸市(50.4点)、軽井沢町(49.2点)、金沢市(48.6点)、富良野市(48.5点)と続いた。

札幌市より魅力度が伸びたのは3市町で、その中で最も伸びが大きかったのは軽井沢町だった。同町の観光意欲度の順位が20位(前年25位)であるのに対し、居住意欲度の順位は13位(同20位)。「ワーケーションの対象として人気を集めている可能性がある」(同研究所)

この調査は国内1000の市区町村及び47都道府県を対象に、全国の消費者3万5489人から回答を得て集計したもので、認知度や魅力度、イメージなど全89項目から構成している。2006年から毎年実施しており、今年が16回目。

関連記事
  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 「枝野さん、議論しろよ」 安倍前首相が憲法シンポで改憲議論呼びかけ