遠藤航、オーストラリアを警戒「組織力あるチーム」

サンスポ
遠藤航
遠藤航

W杯アジア最終予選を戦う日本代表のMF遠藤航(28)=シュツットガルト=が10日、オンラインで取材に応じ、12日の同予選、オーストラリア戦(埼玉)に向け、「相手は組織力がある。いろんなオプションを持っているし、我慢しながらの展開になる」と、警戒感を口にした。

ここまで1勝2敗。厳しい現状は、3試合で1得点という攻撃力の低迷が要因だ。得点源のFW大迫が、徹底マークされており前線の活性化が急務だが、28歳は「迫さん(大迫)にボールを預けるタイミングとかが正しいのかどうか。すべてを預けるのは大変だと思うし、ちょっと横パスとかサイドチェンジとか、そういうプレーがあってもいい」と、縦パスだけになる攻撃を修正していく考えを示した。

勝ち点3が必要になる一戦に「どういうゲームプランでやるかに集中したい」と意気込んだ。