森保監督、負けたら即クビ 田嶋会長は続投の方針だが…技術委員会「選手選考と起用法に偏りがある」 サッカーW杯最終予選

サウジアラビアに敗れ、厳しい表情の森保監督。もう後がない(共同)
サウジアラビアに敗れ、厳しい表情の森保監督。もう後がない(共同)

日本サッカー協会の技術委員会が、W杯カタール大会アジア最終予選のオーストラリア戦(12日・埼スタ)に敗れた場合、日本代表・森保一監督(53)を解任させる検討に入った。同予選B組の日本は7日、敵地のジッダでサウジアラビアに0-1で敗れた。1勝2敗の勝ち点3で、サウジはオーストラリアとともに3連勝で勝ち点9。差は6に広がった。

技術委員会では「森保采配」を入念に検証。そこで出た課題は「選手選考と起用法に偏りがある」だった。

最終予選3試合ではサウジ戦で痛恨のパスミスを犯したMF柴崎岳(29)=レガネス=を筆頭に1トップにはFW大迫勇也(31)=神戸=の起用に固執。サウジ戦では東京五輪ベスト4の原動力になったMF田中碧(23)=デュッセルドルフ、欧州移籍を実現して所属チームでゴールを量産するFW古橋亨悟(26)=セルティック=と好調な2人を招集にもかかわらず、先発出場させることもなく、機能せずに終わった。

1998年フランス大会でW杯初出場を決めて以来、アジア最終予選3試合を終えての成績は森保ジャパンが過去最低。ゴールもわずか1得点だ。フランス大会の最終予選では、1勝1分け1敗の勝ち点4で迎えた4戦目にアウェーでカザフスタンに1-1で引き分け。指揮をしていた加茂周監督(81)が解任された。

11月の最終予選はアウェー2試合(11日・ベトナム、16日・オマーン)だ。技術委員会ではこの2試合は暫定監督をおく方針で、来年1月から再開する最終予選で日本人の新監督を招聘する計画も組んでいる。

日本協会・田嶋幸三会長(63)は8日「まだ3試合が終わっただけ。気持ちを切り替えて次の試合(オーストラリア戦)にむけて準備をしてほしい」とコメントを発表。あくまで森保続投の方針だが技術委員会は森保解任マジックを「1」と決めた。 (編集委員・久保武司)

zakzak

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」