NY原油、7年ぶり高値 終値79ドル台、需給懸念で

産経ニュース
石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」会合で追加増産が見送られた(ロイター)
石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」会合で追加増産が見送られた(ロイター)

8日のニューヨーク原油先物相場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の11月渡しが前日比1・05ドル高の1バレル=79・35ドルと、2014年10月以来、約7年ぶりの高値で取引を終えた。需給逼迫(ひっぱく)が続くとの懸念が強まり、一時80ドル台まで上昇した。

新型コロナウイルス禍からの経済の正常化に伴ってエネルギー需要の増加が見込まれる中、4日に開かれた石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」会合で追加増産を見送った。また、米国では8月に上陸したハリケーンの影響で原油生産が停滞するなど、供給は伸び悩んでいる。(共同)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」