TV視てますか?

演技バトルで光る個性 忘れがたい“推し”が決まった瞬間 TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」

 なんだかんだ言いながらも、この手の番組は見てしまう。TBS土曜深夜の『TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」』。田辺エージェンシー、TBS、秋元康氏による公開オーディション番組だ。

 今年4月から始まったこの番組。約9000人の応募者から選ばれた10代の女子10人が出演し、TBSドラマ(今月11日深夜から「TBS初のよるおびドラマ」として始まる『この初恋はフィクションです』)への出演権をかけて競う。1位になればいきなり主演デビューというシンデレラ・ストーリーが待っている。

 毎週、オリジナル台本による演技課題を出され、演技バトルを展開。台本は人気ドラマを手掛ける脚本家や演出家、劇作家らが担当。審査員も、秋元氏をはじめ、『半沢直樹』『ドラゴン桜』の福澤克雄監督、『アンナチュラル』『MIU404』の新井順子プロデューサーと塚原あゆ子監督、作家の大宮エリー氏、そしてバカリズムと、そうそうたる顔ぶれだ。

 伝説のオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ)で審査員の阿久悠氏や都倉俊一氏が歌手志望の中学生(後の百恵ちゃんや淳子ちゃん)にしっかりと向き合っていたのを思い出した。

 8月21日深夜の回が忘れがたい。その時点で10位だった渋谷風花というメンバーが、大宮氏の台本を演じた。相手役はヨーロッパ企画の本多力(学生演劇時代から見ている俳優で、今回は「名バイプレーヤー」と紹介された!)。渋谷が「(コロナ禍で)ウチの商店街、シーンとしてます。いつもはワイワイしてて、サラリーマンの人がうようよ泳いでました」と言ったのを受け、「泳いでたねぇ、頭にネクタイ巻いちゃってねぇ」。

 このやりとりに「新橋のネクタイ巻き」は断固、渋谷を推すことに決めた(青森なまりも個性的でいい)が、9月11日放送の最終発表でなんと最下位にもかかわらず急遽2人に増員の特別枠に選ばれ、女優デビューが決まった。ドラマも見なくちゃ。 (新橋のネクタイ巻き)

zakzak

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから