地震を受け「テレワーク」トレンド入り ツイ民から「ここまでして会社に行くのおかしい」「何時間も遅れて会社に集合する意味」「落ち着くまでテレワーク」の声

iza

ほかにも「結局テレワークの許可が降りる訳もなく、今日は完全に他人の仕事の手伝い(雑用)の為に出社する。本当に心の底から行きたくない」「こんな日こそテレワークですが、緊急事態宣言が解除され制度化もされていません」「宣言解除でテレワークがなくなり、そこに地震であちこち電車がストップ。でも出勤、駅が混み混み。感染対策としてもまずいので、今日はみんな休めたらいいのにねえ。もしくはみんなテレワーク」などと、納得のいかないユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

なかには、大規模な遅延を知らせる“真っ赤”に染まった路線図のキャプチャーを投稿して「みなさん、電車がヤバイです。テレワークしてください」と呼びかける人や、「地震のせいで発生する帰宅困難者を減らすためにも『テレワークの推進』が必要だと思います。テレワークの人が増えれば、電車運転見合わせでパニックに陥った時でも、駅が帰宅難民で溢れるリスクは軽減されます。テレワーク可能な仕事は出来る限りテレワークにすることも、災害対策なのかもしれません」と意見する人も。テレワークの選択肢があるユーザーからは、「川崎駅も品川駅も地獄だな。JRも京急もバツ。落ち着くまでテレワークにします」「駅まで行ったが、出社を取り止めテレワークにしました。川口まで無事にたどり着く自信がありません…」といった報告が寄せられていた。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿