堂本光一〝帝劇の王様〟だ!3年ぶり「ナイツ・テイル」満員ファンに感激

サンスポ
愛を貫く貴公子を熱演した光一。盟友・井上との共演に、より一層の輝きを放った=東京・丸の内(撮影・加藤圭祐)
愛を貫く貴公子を熱演した光一。盟友・井上との共演に、より一層の輝きを放った=東京・丸の内(撮影・加藤圭祐)
3年前よりカンパニーとしての結束が強まった左から岸、上白石、井上、光一、音月、大澄賢也、島田(撮影・福島範和)
3年前よりカンパニーとしての結束が強まった左から岸、上白石、井上、光一、音月、大澄賢也、島田(撮影・福島範和)

KinKi Kidsの堂本光一(42)が俳優、井上芳雄(42)と共演するミュージカル「ナイツ・テイル―騎士物語―」の東京公演が6日、帝国劇場で開幕した。3年ぶりの再演。光一は今年、出演および演出作が同所で4カ月間上演される〝キング・オブ・帝劇〟に。昨年2月26日に主演した「Endless SHOCK」以来588日ぶりとなった満員の観客を前に「ステージに立てる幸せを噛み締めたい」と感激した。

■盟友・井上芳雄とともに凱旋 1年8カ月ぶりに満員のファンから拍手を浴びた〝王様〟が、恩返しの一歩を踏み出した。

「お客さまが入る中で演じると、不思議とその日だけの感動が生まれる。一つ一つの公演を大切にしていきたい」

シェークスピアの「二人の貴公子」を原作にした「ナイツ・テイル」は、光一と井上がいとこで親友の貴公子を熱演。2000年から帝劇の舞台に立ち続ける盟友の2人が、18年に初共演して話題になった人気作だ。

ゲネプロに登場した堂本光一(左)、井上芳雄=東京都千代田区(撮影・加藤圭祐)

■主演作など年間の3分の1上演 光一は11月7日までの同作をはじめ、2月4日~3月31日に主演ミュージカル「SHOCK」、9月6~29日には演出を務めた「ドリームボーイズ」を帝劇で上演。年間の約3分の1を締めた。

今作で貴公子2人から愛される王女を演じた音月桂は、光一と井上を「キング・オブ・帝国劇場」と称賛。敵国の大公に扮した岸祐二(51)は「(3年前の)プリンスの印象からキングになった」と進化する2人の姿に目を細めた。

コロナ禍により、光一が約1800席を埋めた満員のファンを前に帝劇のステージに立つのは、昨年2月26日の主演ミュージカル「SHOCK」以来588日ぶり。3年前の稽古中に共演の島田歌穂が手首を骨折していたことが、この日に明かされ、先月の大阪公演はスタッフ3人の新型コロナウイルス感染により6日遅れで開幕。同13日の初日終盤には井上のヘッドセットマイクが故障して地声で歌唱するなど、多くの困難を乗り越えてたどり着いた。

ともに歩んできた井上は「大阪公演の初日は緊張して『3年たったんだな』と実感した。『ナイツ・テイル』はここ(帝劇)で生まれた作品。戻って来られてうれしい」と感慨深げ。光一は「帝劇は身も心も引き締まる場所。それは昔から変わらない。作品にある愛を届けます」と約束。再々演について「またやりたい」と口をそろえた盟友コンビが、演劇界の明るい未来を〝斬り〟開く。

★上白石萌音の変化に気づけず「だからモテない」 初演に続き牢番の娘を演じる女優、上白石萌音(23)は11月1日スタートのNHK「カムカムエヴリバディ」で朝ドラヒロインに成長。井上から「3年前にあった前髪がなくなり、大人になった」と褒められると、「でも…ね、光一さん?」とにっこり。光一は「僕だけ気づかなかった。だからモテない」と白状し、苦笑していた。

  1. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. あすの「ちむどんどん」5月20日OA第30話あらすじ 仕事と下宿先が決まった暢子が賢秀と再会、良子は求婚に揺れ…

  5. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」