高速バスで旅行をしたい人が微増 コロナ禍でバス事業者に求める対策は?

ITメディア
コロナ禍における高速バス旅行への意識や行動変化を調査(画像はイメージ)
コロナ禍における高速バス旅行への意識や行動変化を調査(画像はイメージ)

高速バス大手のWILLER(大阪市)は、楽天トラベルで過去2年間に高速バスの予約をしたことがある人を対象に、コロナ禍における高速バス旅行への意識や行動変化を調査した。同調査は今回で2回目。高速バスでの旅行に対する意欲を聞いたところ、「とても利用したい」が12%、「利用したい」が37%だった。2020年11月に行った1回目の調査と比較し、利用したいと考えている利用者の割合が4ポイント増加した。

利用したいと回答した理由を尋ねた。1位は「価格が安いから」で92%、2位は「出発到着時刻の都合が良いから」で51%、3位は「いつも利用しているから」で23%だった。

利用したくないと回答した理由は、「新型コロナウイルスの感染がまだ拡大するかもしれないから」が最も多く82%、次いで「バスの乗客の意識に不安があるから」で50%、「混雑が気になるから」で46%だった。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  2. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  3. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」