コロナ全快の市川九團次 11月舞台復帰明かした

サンスポ
「役を全うします」と熱演を誓った九團次=東京都内
「役を全うします」と熱演を誓った九團次=東京都内

8月下旬に新型コロナウイルスに感染し、全快した歌舞伎俳優、市川九團次(49)が6日、東京・大手町のサンケイスポーツ編集局に来社。コロナ公表後、初めて取材に応じ、11月3日開幕の「甘くない話~ノン・ドサージュ~」(東京・大手町の日経ホール、同7日まで)で舞台復帰することを明かした。

■感染、降板…「崖から突き落とされた気分」 九團次は9月4日から出演を予定していた市川海老蔵の「古典への誘い」(同27日まで)を降板。40度の発熱や骨折をしても舞台に立ってきただけに「崖から突き落とされた気分でした」とショックを受けた心境を吐露した。

2週間の自宅療養を振り返り、「(7月末に)ワクチンを2回接種済みだったからか熱は37度が最高で味覚もありました。『古典-』が千秋楽まで無事に終わることを祈り、歌舞伎のDVDを片っ端から見ていた」と仕事が支えになった。

待望の舞台復帰となる「甘くない話-」は現代劇で、女優、黒木瞳(61)の企画・初演出作の謎解きエンターテインメント。バブル時代のテレビ局プロデューサーを演じるにあたり、「最近、黒木さんにダメ出しをされている夢を見た。一番の楽しみはどんなアドバイスをいただけるか。まな板の上の鯉になって、自分で作ったものをぶつけます」と役者魂をみなぎらせた。大阪公演は11月13日に松下IMPホールで上演される。

  1. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析