「口裂け女」トレンド入り 「明日にはこの辺に…っていうのが恐い」と大反響 日本中を震撼させた70年代後半の都市伝説

NHK放送センター
NHK放送センター

7日朝のヤフーリアルタイム検索トレンド上位に「口裂け女」がランクインした。「口裂け女」とは、1970年代後半に日本中で流布された都市伝説で、同日午前8時からNHK BSプレミアムで再放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」で取り上げられたことがきっかけになったと見られる。

人けのない帰り道、闇にたたずむマスク姿の女性が「わたし、きれい?」と尋ねてくる。「きれい」と答えると、「これでも?」と言いながら外したマスクの下から耳元まで大きく裂けた口が現れる。「きれいじゃない」と答えると包丁や鋏で斬り殺されてしまう…という内容で、当時日本中を震え上がらせた。子供のうわさ話から大人を巻き込んで、夜間の外出禁止など社会問題に発展。番組では、発端となったと言われる岐阜県内に本社がある地方新聞の小さな記事からうわさが全国に拡大していく過程を追い、その真相に迫った。

ツイッターでは、当時のことを覚えている視聴者から、「口裂け女ほんまに怖かったよ 当時小学生」「観ちゃったよ。懐かしかった」といった反響が相次いだ。

「子供の頃ブームになって皆信じてた 当時塾からの帰り道が怖いから母に迎えに来て貰ってた」「俺が小2だった1979年頃、国道412号線の鳶尾4丁目辺りの荻野小学校と中学校を繋ぐ地下通路にその場所に『夕方6時頃にその口裂け女が出るよ!』と噂になっていました」「『もう隣町まで来てるらしい』って言うんだね皆さん。うちの地域もそうだった。『明日にはこの辺に来るかも』っていうのが恐いんだ」と、社会全体を騒がせた当時の様子がうかがえるエピソードも散見された。

また、「口裂け女が岐阜出身とは知りませんでした」「芋焼酎の撃退法は聞いた覚えがないなぁ ポマード連呼は聞いたことあったけど」との感想や、当時を知らない世代からは、「当時SNSがなく噂話だけで広まっていったのか…すごい…」とうわさの伝播力の強さに驚く声もあがっていた。なかには、「唯一噂が広まらなかったとされている宮城県民だけど1976~7年ぐらいには口裂け女の話は出ていた」との証言も。

コロナ禍の時代らしく、「口裂け女も昨年はコロナでマスクの入手が大変だったろうな。手作りでマスク作ったかな?」とボケるツイ民も見受けられた。

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」