マツダ、SUV拡充でファンから期待の声「CX-60見てから決めたい!」 車名に“ツッコミ”も多数

マツダのロゴ
マツダのロゴ

マツダは7日、2022年以降のクロスオーバーSUV(舗装路での性能を重視したスポーツタイプ多目的車)商品群のラインアップ拡充計画を発表し、日本市場にも投入予定の「CX-60」など5車種を順次導入すると明かした。

同社によると、米国新工場で生産するスモールサイズの「CX-50」や、ラージサイズの「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を22年から23年にかけて導入し、ユーザーに多様な選択肢を提供するとしている。

同社のクロスオーバーSUVである“CXシリーズ”には現在、「CX-3」「CX-30」「CX-5」「CX-8」がラインアップされている。

今回の発表によると、新たな中核モデルとして米国に導入される「CX-50」は、既存の「CX-30」と同じスモール商品群に所属。ラージ商品群の「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」は、世界中で高い人気を誇る「CX-5」や上記の「CX-50」の上位に位置するモデルとして、2つの異なるボディタイプと、2列と3列のシートタイプを展開するという。

道路や駐車場が比較的狭い欧州や日本には、2列シートの「CX-60」と3列シートの「CX-80」を投入。より大きなサイズや存在感が求められる北米などの市場には、ワイドボディ2列シートの「CX-70」と3列シートの「CX-90」を展開し、ミッドサイズクロスオーバーSUVのラインアップを拡充させる。

ラージ商品群ではプラグインハイブリッドや、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」やクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を直列6気筒化し、48Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせるなど、さまさまな電動パワートレインの選択肢を提供するという。なお、12年に発売した人気の「CX-5」については、今後も商品改良を重ねながら「大切に育てていく」(同社)という。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム