生駒里奈 10年後は「俳優として活躍していい家に住んでいてほしい」

サンスポ
一人芝居「僕とメリーヴェルの7322個の愛」の公開ゲネプロを行った左から松田凌、生駒里奈、演出の毛利亘宏氏
一人芝居「僕とメリーヴェルの7322個の愛」の公開ゲネプロを行った左から松田凌、生駒里奈、演出の毛利亘宏氏
一人芝居「僕とメリーヴェルの7322個の愛」の公開ゲネプロを行った生駒里奈と松田凌
一人芝居「僕とメリーヴェルの7322個の愛」の公開ゲネプロを行った生駒里奈と松田凌

元乃木坂46で女優、生駒里奈(25)が6日、東京・渋谷のCBGKシブゲキ‼で一人芝居「僕とメリーヴェルの7322個の愛」(演出・毛利亘宏、17日まで)の初日を迎えた。

公演前にはダブルキャストの俳優、松田凌(30)と報道陣の取材に応対。一人芝居は初挑戦の生駒は「最近、作品やテレビに出るときも緊張しなくて楽しく挑めていたんですが、昨日の場当たりでめちゃくちゃ緊張して一人でやるのって大変だなと」と苦笑しつつ、「俳優としてやっていくんだという意思表示になれば。今まで見たことのない自分をみせたい」と意気込んだ。

デビュー10年目を迎えたが、「10年生き延びたことが、まずすごい。最初は3年したら辞めようという気持ちだった」と振り返り、「(演出の)毛利さんに出会って演劇って素晴らしいという思いで、この場に立っている。自分が芸能界にいてよかったなって思います」とキッパリ。「10年後にどうなっていたい?」との質問には「とにかく俳優として活躍していい家に住んでいてほしい」と語り、笑わせた。

  1. 英科学誌・ネイチャーが韓国をバッサリ「カネでノーベル賞は買えない」

  2. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  3. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」