首都圏の「住み続けたい街」ランキング 東京都の文京区や中央区を抑えて1位になったのは?

ITメディア
住み続けたい街ランキングの上位は?(画像はイメージ)
住み続けたい街ランキングの上位は?(画像はイメージ)

リクルートの調査研究機関「SUUMOリサーチセンター」は10月5日、首都圏の住み続けたい街(自治体・駅)ランキングを発表した。SUUMOとしては初の試み。

住み続けたい自治体ランキングの1~3位は東京都の自治体が独占した。1位は武蔵野市、2位は中央区、3位は文京区だった。また、4位は同率で東京都目黒区と神奈川県逗子市という結果に。

同調査は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県の自治体・駅について、街の継続居住意向を明らかにする目的で実施された。調査対象は、関東圏にある各駅から6キロ以内に在住する20歳以上の男女。住んでいる街の魅力について、交通利便性、買い物の便利さ、生活コスト、子育て・教育、防犯・防災などに関する35項目を聴取した。

1位となった東京都武蔵野市における街の魅力項目トップ3は、「利用しやすい商店街がある」「街の住民がその街のことを好きそう」「人からうらやましがられそう」だった。多彩な商店街があるだけでなく、「三鷹の森ジブリ美術館」といった文化施設が充実している。街中にもスーパー、公園、学校、病院、薬局などが多数点在していることが評価された。

SUUMOリサーチセンターの池本洋一所長は「コンパクトシティーとしての快適性がある。また、街づくりに住民が能動的に参加している点も魅力だ」と指摘した。

東京都中央区の支持されたポイントは?

2位となった東京都中央区は、街の魅力項目トップ3が「防犯対策がしっかりしている」「防災対策がしっかりしている」「仕事ができる施設がある」だった。地域ごとにお祭りが盛んに行われていたり、常連客が多いローカルなお店が多かったりすることから、顔見知りがつくりやすい環境にあると同研究所は分析。規模の小さい学校もあるため、子ども同士や親同士がつながりやすいというメリットもある。東京駅に近いだけでなく、10分程度歩くとどこかの駅を利用できるという交通利便性も評価された。

4位の神奈川県逗子市は、街の魅力項目トップ3に「地域に顔見知りや知り合いができやすい」「人からうらやましがれそう」「街の住民がその街のことを好きそう」が並んだ。海や山が身近にあり、1年を通じて多くのイベントが開催されている。イベントには地域の小規模なお店などが参加しており、住民同士の交流が促進されやすい環境にある。SUUMOリサーチセンターの池本所長は「移住者が多く、住民の距離感が程よい。また、始発が多いため電車で座って新宿などに行ける」と説明した。

その他、ランキングの傾向としては、4位の逗子市や8位の葉山町だけでなく、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大磯町の「湘南・三浦エリア」が上位に食い込んだ。また、神奈川県では「横浜・みなとみらいエリア(横浜市西区や中区)」が上位だった。

住み続けたい駅ランキングは?

住み続けたい駅ランキングの1位は東銀座(東京メトロ日比谷線)、2位は石上、3位は鵠沼(いずれも江ノ島電鉄線)だった。トップ10のうち、藤沢市の鵠沼・江ノ島エリアの駅が半数を占めた。

居住都県別の住み続けたい自治体ランキング

居住都県別の住み続けたい自治体ランキングの結果はどうか。

千葉県では1位が浦安市、2位が印西市、3位が千葉市美浜区だった。神奈川県では1位が逗子市、2位が横浜市西区、3位が葉山町だった。埼玉県では、さいたま市の大宮区、浦和区、中央区がトップ3だった。茨城県では、1位が東海村、2位が守谷市、3位がひたちなか市だった。

今回の調査は2021年1月14~25日に1次調査、同年1月27日~2月1日に2次調査を実施した。1次調査の有効回答数は30万6948人、2次調査の有効回答数は4万2947人。

関連記事
  1. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」