電撃引退した白鵬の大物支援者が告白「協会の仕打ちは人種差別だ」

ポストセブン
林住職(中央)と白鵬(時事通信フォト)
林住職(中央)と白鵬(時事通信フォト)

新横綱・照ノ富士の昇進場所優勝をかき消すように9月場所千秋楽翌日に横綱・白鵬の「電撃引退」が報じられた。史上最多となる45回の幕内最高優勝を誇る白鵬だが、引退後の“処遇”を巡っては日本相撲協会との暗闘が繰り広げられていた。

JR博多駅から快速電車で20分の最寄り駅で下り、歩いて3分ほどの場所にあるのが、県内有数の“パワースポット”として知られる高野山真言宗別格本山・南蔵院(福岡県糟屋郡篠栗町)だ。境内には、ブロンズ製では世界最大級となる全長41m、高さ11mの「釈迦涅槃像」が横たわる。

この南蔵院の林覚乗住職は、9月場所後に引退した横綱・白鵬が所属する宮城野部屋の九州後援会名誉会長であり、大相撲九州場所の維持員で組織される「九州溜会会長」を務めた“大物支援者”である。例年11月の九州場所では、同院が宮城野部屋に宿舎を提供するなど、長年にわたって白鵬の力士生活を支えてきた。

その林住職が、白鵬の電撃引退が報じられた翌日、本誌の直撃に重い口を開いた。

「あれだけの功績を残した横綱ですよ。過去、20回以上優勝した横綱には『一代年寄』が与えられているのに、唐突に有識者会議から“一代年寄という制度を認める根拠がない”などという提言書が出てくるのはどうかと思いますね。あの提言書を知り合いの弁護士に見せたら、人種差別だと言っていました。(白鵬が)もし日本出身の横綱なら、(一代年寄を)与えたと思いますよ。協会はあのような組織なので、与えないと決めたら与えないと思いますが……」

9月29日に引退届を提出した白鵬。翌30日には、年寄「間垣」の襲名が承認され、今後は「間垣親方」として後進の指導にあたると発表された。

林住職が口にした「一代年寄」とは、こうして年寄名跡を襲名して親方になるのではなく、現役時代の四股名のまま、「白鵬親方」として日本相撲協会に残ることを指す。功績著しい横綱にのみ認められてきたもので、大鵬(優勝32回)、北の湖(同24回)、貴乃花(同22回)が一代年寄となった(優勝31回の千代の富士は辞退して「九重」を襲名)。

優勝45回の白鵬は“有資格者”のはずだが、休場が続く白鵬の引退が近いと囁かれていた今年4月、協会の設置した「大相撲の継承発展を考える有識者会議」が八角理事長(元横綱・北勝海)に提出した「提言書」で流れは大きく変わった。そこに〈一代年寄の名乗りを認める根拠を見出せない〉と明記されていたのだ。

有識者会議は2017年に当時の横綱・日馬富士が暴行事件を起こすなどの不祥事が続いたことを受け、2019年に設置された。提言書では外国出身力士に不祥事が多いため、指導監督の強化が必要といった話が展開されたあと、唐突に「一代年寄の制度不備」の話が登場し、〈協会の定款などにも根拠となる規定はない〉〈公益財団法人としての制度的な裏付けとは整合しない〉などと指摘している。

「白鵬の引退が近いことを見計らったようなタイミングでの発表だった。品格面が問題視されることが多く、“一代年寄に値しない”という意見が協会執行部を中心に根強くあったが、提言書はそうした意向を後押しするものとなった」(担当記者)

この提言書により、白鵬の悲願とされた一代年寄は絶望的になった。

実は、白鵬の引退直前、関係者の間で「九州溜会の会長が提言書の内容について八角理事長に異論を述べ、逆鱗に触れて会長を交代させられた」という情報が囁かれていた。

本誌が林住職に真偽を問うと、会長を退いたことを認め、協会との間で何があったかを告白した──。

◆「あの組織は終わりです」

林住職は、「7月の名古屋場所前に私の娘が、白鵬が一代年寄になれないことについて抗議する手紙を八角理事長宛に送ったのです」と明かした。

それに対する協会の反応は、林住職を驚かせるものだったという。

「すごい返事が来ました。私に九州溜会会長を辞めろと要求してきたんです。手紙はあくまで娘が出したもので、そこに一言だけ“私の父は福岡溜会の会長をしています”と書いていた。娘も八角理事長と面識があったのですが、覚えてないかもしれないので自己紹介のように書き加えただけだったのですが……」

福岡溜会は、九州場所の「維持員」の親睦団体だ。維持員は相撲協会のいわば“公式のタニマチ”で、一定額以上の寄付金(維持費)を払い、本場所では土俵下の溜席で競技に立ち合う。地区ごとに分かれており、九州場所の場合は維持員となるのに138万円の寄付(原則、6ケ年分一括納入)が必要となる。協会を支える熱心な好角家が集った団体のトップに退任を求めるとは、ただならぬ事態だ。

「最初は九州場所担当の親方が(九州溜会の)事務局に電話を掛けてきて、“九州場所の開催にあたり、こういう考え方の会長がいるのはまずい”などと言ってきたそうです。その後、7月の名古屋場所中には、協会から文書も送られてきた。八角理事長の代理として事務方トップの主事が差出人で、娘の手紙が“九州溜会の意見なのか、会長個人の意見なのか”を問う内容でした。もちろん、どちらでもない。あくまで娘が自身の考えを書いたものだと、溜会の事務局を通じて説明してもダメでしたね。

娘が、“白鵬は一代年寄になるべきで、提言書は人種差別。これは問題になる”といったことを書いていたことが協会への脅迫にあたるとの主張をされました。“そういう会長がいる組織とは歩調を合わせられない”などと指摘され、私にとってはむしろそれが脅しに感じられましたよ。

ただ、他の会員に迷惑をかけるわけにはいかないので、9月初めの理事会で“体調不良”を理由に自ら身を引きました」(林住職)

協会から送られてきた書面は福岡溜会の事務局にあるはずというが、確認のため取材を申し入れると、応対した事務局長は協会から手紙がきたことは認めたものの、「内容はわからない。会長交代はあくまで体調不良が理由」とした。

退任に至った経緯について、林住職は白鵬本人にも説明したという。

「驚いていましたが、まあ、白鵬は他人の批判はしませんからね。(九州場所の)宿舎の受け入れは続けるからという話をしました」

林住職はこれまで大相撲を支える気持ちで活動してきただけに、落胆も大きいと語った。

「あの組織(=協会)は相撲を応援してきた人間を簡単に切っていきますね。意見として受け止めるという度量が全くない。

これまで協会は枡席が余ったりした時は九州溜会のメンバーに買ってほしいといった頼み事を平気でしてきたのに、相撲界のために意見を言うと排除ですからね。今回のことに納得できないとして私以外にも数人が退会しました。それでも聞く耳を持つ様子はない。この組織は終わりだと思いましたね。(南蔵院がある)糟屋郡では5か所が九州場所で宿舎を提供していますが、その根回しなども、相撲協会のためにやってきたんですけどね」

協会に林住職が九州溜会会長を退いた経緯などについて問うたが、「お答えすることはありません」(広報部)とするのみだった。

※週刊ポスト2021年10月15・22日号

関連記事
  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム