モバイルSuicaの障害で悲鳴殺到 「改札から出られん」「こんな時に限って現金がない」「再起動で定期まで消えた」

障害の発生を発表したモバイルSuicaサポートの公式ツイッター
障害の発生を発表したモバイルSuicaサポートの公式ツイッター

JR東日本のキャッシュレス決済サービス「モバイルSuica」で5日朝、システム障害が発生し、電子マネーのチャージや定期券・グリーン券の購入ができなくなっている。平日の通勤時間帯に起こった障害だけあって、ネット上には利用者からの悲鳴が殺到している。

同社公式ツイッターの一つ「モバイルSuicaサポート」のアカウントが、同日午前8時1分に発表した。障害が起こっているのは米アップル製のスマートフォン「iPhone」やスマートウオッチの「Apple Watch」の決済機能「Apple Pay」版で、現在復旧作業を進めており、券売機などを利用したチャージや、切符の購入を案内している。

この障害を受け、ヤフィーリアルタイム検索やツイッターのトレンド上位に「モバイルSuica」がランクイン。SNS上には、「改札から出られません」「こんな時に限って現金がない。しかも結構遠いとこまで来ちゃったよ」「チャージ額が口座から引かれているのにもかかわらずチャージ失敗しています」「チャージうまくいかなくて、何回もトライしてしまったー 復旧後一気にチャージされたりすんのかな?」「グリーン券が買えず、知らずに再起動かけてたら、定期まで消えた」といった利用者からの悲鳴が殺到している。

公式ツイッターには、「朝の急いでる時間だったので仕方なく切符を買いました。定期券の範囲分は返金頂けますか」「アプリ開いた時点で障害発生中のメッセージ出して欲しかった」との要望も寄せられていた。

障害に振り回されるユーザーの一方で、「切符買えばよくね? 切符売り場あるよね」「こういう時の為に、やっぱり現金必須ですね」との冷静な反応も。モバイルSuicaの障害は今回が初めてではないこともあって、「何でもかんでもスマホに集約して現金持たなくなると わずかな障害で何もできなくなるのよな」「そもそもシステムはいつか壊れます、障害もおきます。ということを認識して使う、活用することが現代のリテラシー」などの指摘も見られた。

また、日本時間の同日午前1時ごろから、フェイスブックやグループの写真共有アプリ「インスタグラム」や通信アプリ「ワッツアップ」でも障害が発生したことに絡めて、「なんか今日は障害多いね」とのつぶやきもあった。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム