阪神、1位候補は森木や小園ら、続いて山田龍聖をリストアップ!「投手王国」ドラフトや

サンスポ
市和歌山・小園健太
市和歌山・小園健太

ある球団のスカウトは「阪神はJR東日本出身の伊藤(将)が1年目から活躍していることもあって、山田投手も早くから熱心に視察していた」と話す。今季、先発ローテ左腕は伊藤将と高橋だけ。救援も及川は来季以降、先発に再挑戦する可能性があり、岩崎、岩貞は来季31歳になる。後継左腕獲得は急務だ。

「伊藤(将)と比較して、直球のスピードなら山田が上。粗削りなところがあるが、大舞台も経験してハートはプロ向き。先発はもちろん救援でも力を発揮できる」と球界関係者は証言する。未来のエース候補に即戦力左腕を加えることで、来季の投手布陣はより盤石になる。

山田には複数の球団が関心を寄せており、ドラフト上位で消える逸材という。運命のドラフトは、6日後だ。

★高校生か即戦力 阪神の1位候補は高知・森木、市和歌山・小園ら高校生投手が中心となりそうだ。最終決断はドラフト前日の編成会議となる見込みだが、森木、小園ともに複数球団が1位指名する可能性が高く、抽選で外した場合の外れ1位候補には即戦力左腕を予定している。山田以外に黒原拓未(関学大)、森翔平(三菱重工West)、桐敷拓馬(新潟医療福祉大)らが有力候補となる。

■山田 龍聖(やまだ・りゅうせい) 2000(平成12)年9月7日生まれ、21歳。富山県出身。小4で野球を始める。西條中では軟式野球部で4番でエース。高岡商高では1年秋からベンチ入り。2年春夏、3年夏に甲子園に出場。U18日本代表にも選ばれた。JR東日本に進み、先発として活躍。最速153キロの直球にスライダー、フォーク、チェンジアップを駆使する。182センチ、80キロ、左投げ左打ち。



  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終